最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

「なるほど、よく分かりました」と言わせたいが、自分を鍛えてくれる

»

「なるほど、よく分かりました。」

そう言ってもらいたい。ただその一心だった。

昨日、ある企業で「ブロックチェーン」について講義をした。ブロックチェーンとは何か、これまでの常識をどのように変えてしまうのか、どのようなビジネスの可能性があるのかといった解説だ。

このご依頼を頂いたとき、「ゲゲっ、どうしよう」というのが本音だった。もちろんブロックチェーンという言葉は知っていた。ネットの記事や本も何冊か読んでいたので、どういうものかは理解していたつもりだ。しかし、それを2時間で素人にも分かるように講義しろと言うことになると話が違う。だから、「ゲゲっ」なのだ。

しかし、チャンスだとも思った。自分の曖昧を解消できるし、人に伝えられるレベルになれば、「使える知識」にもなり、メシの種にもなる。「一丁やったるか!」と笑顔で快諾した(但し、心の中はドキドキだった)。

IMG_6052.JPG

これまで読んだ何冊かの本を改めて読み直した。そして、使えそうな表現をメモし、自分に説明するためのチャートも描いてみた。しかし、調べれば調べるほど難解だ。そもそも、自分には数学やコンピューター・サイエンスの基礎があまりない。プログラムを書いていたのは大学時代までだ。そんな頭に、ハッシュ関数、公開暗号鍵、ナンスなどなどの言葉が飛び込んでくる。自分が「分かる」ですますのならば、「なんとなく分かったつもり」でいいが、「他人に分かるように説明する」となると、そんなわけにはいかない。あらためて、暗号理論の資料や本を開いて勉強をし直すことにした。

そんなこんなで、「なるほど、こんな仕組みだったのか」ということが、分かってきた。もう知っていたつもりでいたことも、なんと曖昧な理解だったのかに改めて気付かされた。

さて、今度はこれをプレゼンテーションにしなければならない。あらためて殴り書きしたメモを眺め、プレゼンテーションの下書きを作ってゆく。

  • 「どういうストーリーにすれば、すんなり分かってもらえるだろうか」
  • 「この絵で正しく説明しているだろうか」
  • 「伝えたいことをわかりやすく伝えるチャートになっているだろうか」

そんなことを自問自答しながら、34ページのプレゼンテーションを創りあげた。「ふぅ〜」である。自分がにやけ顔をしているのが分かった。

スクリーンショット 2017-08-25 7.50.03.pngスクリーンショット 2017-08-25 7.50.47.png

スクリーンショット 2017-08-25 7.51.14.png

さて、講義である。冒頭、受講者に次のように言い訳をした。

「ブロックチェーンは、まだまだ過渡期の技術であり、具体的な適用もすすんでいません。何に使えるさえも模索中です。そんな技術を説明するのはとても難しい。」

事前にそんな防護策を張る。うまく説明できないのは私の力不足ではなく、そんな中途半端な技術なので仕方がない。十分に理解できなくても諦めてくださいね。

卑屈である。それは分かっているが、まったく新しいテーマであって、そんな自信のなさが、ぽろりと出てしまった。思い返すと恥ずかしい限りだ。

さて、プレゼンテーションはどうだったかというと、そこはいつもの通り、堂々と自信ありげに(知ったかぶりで)説明をする。そういう演出には自信があり、ごまかすテクニックも心得ている。

最初の言い訳が効いたのかもしれないが、受講者も「理解しよう」と努力してくれた。作戦か成功である。

話しながらチャートの誤りに気付く。あとで直しておこう。こんな表現にすれば、もっと分かりやすかったのではないか。こんなチャートをもう1枚作ったほうがよさそうだなぁ。そんな反省をしながらのプレゼンテーションだったが、なんとか時間を持たすことができた。

いゃぁ、楽しかった。勉強になった。こうやって新しいテーマについて「分かってもらえるだろうか」を自問自答しながらの資料作り、そしてプレゼンテーションは、本当にいい勉強になる。

改めて思う。アウトプットのためのインプットがどれほど自分を鍛えてくれるかと。

さあ、次は何にしようか?実はもうその難敵にはターゲットを定めている。ただなぁ、また大変なことになるなぁ。

大阪開催決定!新入社員のための最新ITトレンド・1日研修

実施内容

  • 日時:下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)
    • 【東京・第1回】8月28日(月)10:00〜17:00 *定員となり締め切りました*
    • 【東京・第2回】9月04日(月)10:00〜17:00
    • 【大阪】 9月07日(木)10:00〜17:00
      • *昼休み1時間、休憩随時
  • 東京会場:株式会社アシスト・本社1階セミナールーム/市ヶ谷
  • 大阪会場:株式会社アシスト・大阪セミナールーム/グランフロントタワーA
  • 定員:50名/回
  • 費用:1万円(税込10,800円)
    • 新入社員以外(例えば、他業界からIT業界に転職された方や人材開発・研修担当の方)で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,040円)でご参加いただけます。
  • 内容:
    • ITビジネスの歴史と最新トレンド
    • クラウド・コンピューティング
    • ITインフラと仮想化
    • サイバーセキュリティ
    • IoT
    • AIとロボット
    • アジャイル開発とDevOps
    • これからのITとITビジネス

詳しくはこちらをご覧下さい。

【図解】コレ一枚でわかる最新ITトレンド 増強改訂版

スクリーンショット 2017-04-24 12.36.16.png

  • 何ができるようになるのか?
  • どのような価値を生みだすのか?
  • なぜ注目されているのか?

「知っている」から「説明できる」へ
実践で「使える」知識を手に入れる

  • IoT とインダストリー4.0
  • AR とVR
  • 人工知能と機械学習とディープラーニング
  • サーバ仮想化とコンテナ
  • ネットワーク仮想化とSD-WAN
  • アジャイル開発とDevOps
  • マイクロサービスとサーバレス

キーワードは耳にするけど、
それが何なのか、何ができるようになるのか、
なぜそんなに注目されているのか理解できてなかったりしませんか?

最新版(7月度)をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

最新版【8月版】を更改しました!
================================
大きな変更はありませんが講演資料を2本追加しました
================================
ビジネス戦略編 116ページ
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの実際 p.8

サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット 127ページ 
【更新】コレ1枚でわかる人工知能とロボット p.10
【更新】人工知能の3つの役割と人間の進化 p.11
【新規】自動化と自律化の領域 p.15
【新規】人工知能が奪っていくのは、労働ではなく定年かもしれない p.93

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT  105ページ
【新規】Wi-SUN p.56

サービス&アプリケーション・開発・運用編 70ページ
【更新】ウォーターフォール開発とアジャイル開発(2) p.17

サービス&アプリケーション・基本編  52ページ
変更はありません

クラウド・コンピューティング編 119ページ
【新規】クラウド・コンピューティング 3つの誤解 p.24〜28
  誤解1:調達の手段が変わるだけ?
  誤解2:ガバナンスが効かない?
  誤解3:コストは下がらない?
【新規】クラウドの見積り方(1) 訂正版 p.85

インフラ&プラットフォーム編 228ページ
【最新】セキュリティ対策対象の変化 p.112

トピックス編 60ページ
変更はありません

ITの歴史と最新トレンド編 15ページ
変更はありません

【講演資料】まだ自前でシステムを持ち続けるのですか? クラウドにまつわる3つの誤解と新しい常識
 ITベンダー・クラウド利用促進イベントでの講演資料
 実施日: 2017年7月06日
 実施時間: 60分
 対象者:中堅・中小企業 CIO/情報システム部門長

【講演資料】最強の営業とは
 全営業(約200名)を対象とした社内イベントでの講演資料
 実施日: 2017年6月29日
 実施時間: 60分
 対象者:某SIerの営業

LIBRA_logo.png

新刊書籍のご紹介

未来を味方にする技術

これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

  • ITの専門家ではない経営者や事業部門の皆さんに、ITの役割や価値、ITとの付き合い方を伝えたい!
  • ITで変わる未来や新しい常識を、具体的な事例を通じて知って欲しい!
  • お客様とベンダーが同じ方向を向いて、新たな価値を共創して欲しい!
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。2017年1月6日発売
斎藤昌義 著
四六判/264ページ
定価(本体1,580円+税)
ISBN 978-4-7741-8647-4Amazonで購入
未来を味方にする技術
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する