最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

セカンドステージを模索される皆さんへ:生産性を求めてはいけない

»

「効率よく、無駄なく、合理的に」

私たちは、それこそが仕事の理想であるとすり込まれてきました。しかし、知的な仕事にとって、それが必ずしも絶対的な価値ではありません。

セカンドキャリアで顧問や一人事業主を目指すとき、お客様に求められる価値は結果です。その過程でどれだけの工数を重ねたか、どれほど一生懸命取り組んだかなど、どうでもいいことなのです。

isogashii_man.png

相手が満足する結果とは、顧客の期待の方向に添い、その期待を超えることに他なりません。自分のやりたいことやできることを極めることではありません。そんな自己満足は、相手から見れば「余計なお世話」です。

相手が何を期待しているのか、つまり相手が結果として求めている「あるべき姿」が何かを、徹底して議論し見極めることが大切です。その上で、その「あるべき姿」を実現することについて、相手の合意を取り付けることです。勝手な思い込みで、突っ走らないことです。

「あるべき姿」を実現するにはどうすればいいかを考え、その道筋を描くことから始まります。その筋道とは、「あるべき姿」に至る自然な流れであり、なるべくしてなるようなストーリーと言えるでしょう。デザインの言葉で言えば、アフォーダンスに近い概念かもしれません。ビジネスの世界では、それを戦略と置き換えることができるかもしれません。

それを相手に伝わる分かりやすいチャートや文章に置き換えることができなくてはなりません。自分に分かっても他人には分からないのは、相手の頭が悪いのではなく、あなたの相手への愛情が足りないのです。愛情とは想像力です。相手の置かれている状況や求めている価値を想像し、なんとか相手に成功して欲しいという強い思い入れとともに、ドキュメンテーションしてゆくことです。相手への思い遣りこそが、仕事の品質を作り込む原動力です。

ただ、品質とは、相手の評価であることを忘れてはなりません。ここでも想像力が必要です。つまり、相手が求める品質の基準とは何かを想像し、それを超えることを目指さなくては、結果としての品質を作り込むことはできません。

こんなことを「効率よく、無駄なく、合理的に」なんてできるわけはないのです。しかし、それが、相手に満足してもらえる結果を出すためには必要なことでもあるのです。

ただ、こういうことを何度も繰り返してゆけば、相手が満足してくれるパターンが見えてきます。この時にはこういうチャートが使える、ここではこういうメソドロジーが有効だ、ここにはこういう表現がいいだろうということが、すぐに思い描けるようになります。結果として、効率が上がってゆくことは確かです。

しかし、目指すべきは、結果の品質です。それを出すことを徹底して追求することこそ、顧問や一人事業主に求められる価値であることを忘れてはなりません。

これだけの時間働いたので、これだけの手間がかかったのでいくら下さいは、サラリーマンの価値基準です。そんなことが通用しない世界に足を踏み入れることを覚悟しなくてはなりません。

大阪開催決定!新入社員のための最新ITトレンド・1日研修

「お客様の話しに、ついてゆけません。言葉が分からないんです。」

こんな話をする新入社員は少なくありません。もちろん経験のない彼らが仕事をうまくこなせないのは当然のことです。しかし、「言葉が分からない」というのは別の問題です。

IoT、AI、クラウドなどのキーワードは、ビジネスの現場では当たり前に飛び交っています。しかし、新入社員研修ではITの基礎やプログラミングは教えても、このような最新ITトレンドについて教えることなく現場に送り出されてしまいます。そのため、お客様が何を話しているのか分からないままに、曖昧な応対しかできず、自信を無くしてしまう、外に出るのが怖いなどの不安をいだいている新入社員も少なくないようです。

そんな彼らに、ITの最新トレンドを教え、ITがもたらす未来への期待、そこに関わることへの誇りを持てるようにと企画しました。

参加費が1万円なら、懐の寂しくても自腹で参加できるはずです。また、既に新入社員研修の予算を使い切った企業でも、何とかやりくりして頂けるのではないでしょうか。そんな想いで、この金額にしてみました。また、100ページを超えるテキストは、パワーポイントのままでロイヤリティフリーで提供させて頂きます。

*大阪での開催のご希望が多数寄せられたこともあり、大阪でも開催させて頂くこととなりました。

実施内容

  • 日時:下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)
    • 【東京・第1回】8月28日(月)10:00〜17:00
    • 【東京・第2回】9月04日(月)10:00〜17:00
    • 【大阪】 9月07日(木)10:00〜17:00
      • *昼休み1時間、休憩随時
  • 東京会場:株式会社アシスト・本社1階セミナールーム/市ヶ谷
  • 大阪会場:株式会社アシスト・大阪セミナールーム/グランフロントタワーA
  • 定員:50名/回
  • 費用:1万円(税込10,800円)
    • 新入社員以外(例えば、他業界からIT業界に転職された方や人材開発・研修担当の方)で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,040円)でご参加いただけます。
  • 内容:
    • ITビジネスの歴史と最新トレンド
    • クラウド・コンピューティング
    • ITインフラと仮想化
    • サイバーセキュリティ
    • IoT
    • AIとロボット
    • アジャイル開発とDevOps
    • これからのITとITビジネス

詳しくはこちらをご覧下さい。

【図解】コレ一枚でわかる最新ITトレンド 増強改訂版

スクリーンショット 2017-04-24 12.36.16.png

  • 何ができるようになるのか?
  • どのような価値を生みだすのか?
  • なぜ注目されているのか?

「知っている」から「説明できる」へ
実践で「使える」知識を手に入れる

  • IoT とインダストリー4.0
  • AR とVR
  • 人工知能と機械学習とディープラーニング
  • サーバ仮想化とコンテナ
  • ネットワーク仮想化とSD-WAN
  • アジャイル開発とDevOps
  • マイクロサービスとサーバレス

キーワードは耳にするけど、
それが何なのか、何ができるようになるのか、
なぜそんなに注目されているのか理解できてなかったりしませんか?

最新版(7月度)をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

最新版【8月版】を更改しました!
================================
大きな変更はありませんが講演資料を2本追加しました
================================
ビジネス戦略編 116ページ
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの実際 p.8

サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット 127ページ 
【更新】コレ1枚でわかる人工知能とロボット p.10
【更新】人工知能の3つの役割と人間の進化 p.11
【新規】自動化と自律化の領域 p.15
【新規】人工知能が奪っていくのは、労働ではなく定年かもしれない p.93

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT  105ページ
【新規】Wi-SUN p.56

サービス&アプリケーション・開発・運用編 70ページ
【更新】ウォーターフォール開発とアジャイル開発(2) p.17

サービス&アプリケーション・基本編  52ページ
変更はありません

クラウド・コンピューティング編 119ページ
【新規】クラウド・コンピューティング 3つの誤解 p.24〜28
  誤解1:調達の手段が変わるだけ?
  誤解2:ガバナンスが効かない?
  誤解3:コストは下がらない?
【新規】クラウドの見積り方(1) 訂正版 p.85

インフラ&プラットフォーム編 228ページ
【最新】セキュリティ対策対象の変化 p.112

トピックス編 60ページ
変更はありません

ITの歴史と最新トレンド編 15ページ
変更はありません

【講演資料】まだ自前でシステムを持ち続けるのですか? クラウドにまつわる3つの誤解と新しい常識
 ITベンダー・クラウド利用促進イベントでの講演資料
 実施日: 2017年7月06日
 実施時間: 60分
 対象者:中堅・中小企業 CIO/情報システム部門長

【講演資料】最強の営業とは
 全営業(約200名)を対象とした社内イベントでの講演資料
 実施日: 2017年6月29日
 実施時間: 60分
 対象者:某SIerの営業

LIBRA_logo.png

新刊書籍のご紹介

未来を味方にする技術

これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

  • ITの専門家ではない経営者や事業部門の皆さんに、ITの役割や価値、ITとの付き合い方を伝えたい!
  • ITで変わる未来や新しい常識を、具体的な事例を通じて知って欲しい!
  • お客様とベンダーが同じ方向を向いて、新たな価値を共創して欲しい!
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。2017年1月6日発売
斎藤昌義 著
四六判/264ページ
定価(本体1,580円+税)
ISBN 978-4-7741-8647-4Amazonで購入
未来を味方にする技術
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する