最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるサーバーレスとFaaS

»

スクリーンショット 2017-01-12 8.30.15.png

「サーバーレス」とは、アプリケーションの実行に必要なサーバーのセットアップと管理を気にせず開発できることを意味する言葉で、サーバーを必要としないわけではありません。必要なサーバーなどのインフラはクラウドに管理を任せ、データベース、メッセージング、認証など、開発に必要な機能がサービスとして提供されるのが一般的で、開発者はプログラミングに専念できるようになります。

FaaS(Function as a Service)は、この仕組みをさらに進化させたものです。

  • イベント・ドリブン方式でサービス(ある機能を実現するプログラム)のコードを書き、それを連係させるだけで、一連の業務処理を実行できる。
  • 実行に必要なサーバーは、このサービスが自動で割り当て、必要に応じてスケールしてくれる。
  • 書いたコードはコンテナ上で実行し、終了すると即座に廃棄される。
  • コンテナの実行は100ms単位で計測され、使った分のサーバー使用料が課金されるため、一般のIaaSのように使う使わないにかかわらずサーバーを立ち上げている時間に課金されるのと異なり、コスト削減が期待できる。

FaaSを使うことのメリットは、コストの削減、スケーラビリティの確保、インフラの運用管理を不要にすることです。マイクロサービスとも相性が良く、それを実現する手段としても注目されています。

AWSのLambda、GoogleのCloud Functions、MicrosoftのAzure Functions、オープンソースOpenWhiskを使ったIBMのサービスなどがあります。

PaaSとの違いは、PaaSがリクエストごとにアプリケーション全体を起動・終了させる「リクエスト・リプライ方式」を、FaaSは必要なサービス毎に起動・終了させる「イベント・ドリンブン方式」を狙ったものであることです。そのためFaaSで、あらゆるアプリケーションを作れるわけではなく、ECサイトやマーケティング・サイトのように負荷予測が難しく、ダイナミックな負荷の変動に対応しなければならないアプリケーションには向いていると言えるでしょう。。

参考: これからの開発と運用:ビジネスの成功に直接貢献すること

【募集開始】ITソリューション塾・第24期

ITソリューション塾・第24期を2月8日(水)から開催します。第24期は、IoTやAIのビジネス戦略にも一層切り込んでみようと思っています。また、情報セキュリティの基本やDevOpsの実践についても、それぞれの第一人者から学びます。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

  • 会場 : アシスト株式会社・本社@市ヶ谷
  • 日程:2月8日(水)〜4月26日(水)の毎週1回×11回 *但し、3月最終週は休みとなります。
  • 時間:18:30〜20:30
  • 定員:80名(前回参加者 84名)

お願い

  • 毎期早い段階で定員に達しています。手続き等で時間はかかるが、参加のご意向をお持ちの場合は、事前にメールにて、その旨をお知らせください。
  • 個人でのご参加の場合は、消費税分を割り引かせて頂きます。
  • 今回の期間は、予算期を跨ぐところもあるかと思いますが、今期または来期のいずれか、または、両期に分けて支払いという場合は、個別にお知らせください。

詳細のご案内、および、スケジュールのPDFダウンロードは、こちらをご覧下さい。

J24.png

2017年1月 最新の改訂版をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*「コレ1枚でわかる最新ITトレンド(2017年度版)」を新規に作成しました。
*先進技術編では、解説を大幅に追加、刷新し、新たなチャートも追加しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【インフラ&プラットフォーム】(293ページ)

【更新】コンテナ型仮想化・改訂版の解説を改訂しました p.175
【新規】SD-WAN p.184

【ITの歴史と最新トレンド】(14ページ)

*これからのビジネスを考える参考となるよう、「コレ1枚でわかる最新ITトレンド(2017年度版)」を新規に作成しました。

【更新】デジタル化の歴史の解説を追加しました
【新規】コレ1枚でわかる最新ITトレンド(2017年度版)を新規に追加し、解説も加えました。

【サービス&アプリケーション・基本編】

*運用と開発のプレゼンテーションが増えたことから、基本編と運用と開発編に分割しました。

基本編(50ページ)
 変更はありません

開発と運用編(64ページ)

【更新】これからのシステム開発のチャートを改訂し、解説を追加しました p.5
【更新】DevOpsとは何か?の解説を追加しました p.19
【新規】仮想マシンとコンテナの稼働率 p.74-77
【更新】DevOpsとコンテナ管理ソフトウェアの解説を改訂しました p.78
【新規】FaaS(Function as a Service) p.79

【テクノロジー・トピックス】(49ページ)
 変更はありません

【サービス&アプリケーション・先進技術編】

IoT(92ページ)

【更新】IoTとM2Mの解説を追加しました p.7
【更新】IoTの定義の解説を改訂しました p.15
【更新】コレ1枚でわかるIoTのチャートと解説を改訂しました p.18
【更新】デジタル・ツインの解説を改訂しました p.23
【更新】モノのサービス化の解説を改訂しました p36
【更新】ビジネス価値の進化の解説を改訂しました p.38
【更新】IoTと機能と役割の4段階の解説を改訂しました p.41
【更新】クラウドから超分散への解説を改訂しました p.46

人工知能(93ページ)

【新規】コレ1枚でわかる人工知能とロボットの新たなチャートを追加し解説を載せました p.9
【更新】産業発展の歴史から見る人工知能の位置付けの解説を改訂しました p.317
【新規】ディープラーニングが注目される理由の新しいチャートと解説を追加しました p.24
【新規】弱いAIと強いAIについて、新しいチャートと解説を追加しました p.32
【更新】人工知能に置き換えられる職業について、解説を追加しました p.64

詳しくはこちらから

LIBRA_logo.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する