最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

結果から方法を考える 納得の提案はそうやって作られる

»

「社長からメインフレームを辞められないかといわれてねぇ。どうすれば良いだろうか。」

情報システム部長にこんな相談を頂いた。

「メインフレームを辞めることですか。それとも、IT予算を削減することですが。社長が臨んでいるのはどちらなんですか?」

私のこんな質問に彼は次のように答えた。

「それは予算を削減することですよ。ただ、メインフレームのアウトソーシングや運用管理が予算のかなりを占めているので、どうしても目立ってしまって、社長もそういうことを言い出したようだ。」

私は次のように話した。

「メインフレームは停まることのないとても信頼できるシステムです。アプリケーションも安定しています。もしこれをPCサーバーに移行すれば、数千本のプログラムを単純に移行するだけで数億では足りないでしょう。しかも、メインフレームのような信頼性はありません。新しく作り替えるわけですから予期せぬトラブルも心配です。大金をかけて移行して、新しい付加価値も生まれず、システムも不安定になる。情シスがものすごく苦労しても何も報われないどころか、減点評価されてしまう。そんなプロジェクトをほんとうにやりたいと思いますか?」

もちろんノーだ。そこで、いまのシステムはそのままにコストを下げることにした。詳細は割愛するが、現状を変えることなく年間数億円のコスト削減に成功した。ただ、新たな業務ニーズに応えるためにはメインフレームで稼働している既存システムでは限界がある。いずれはシステムを全面的に刷新する必要があり、そこで新たな投資が必要であることも社長に伝えておいた。

お客様の「あるべき姿」はメインフレームを辞めることではなく、コストを削減すること。昨日のブログでも書いたが、お客様の「あるべき姿」を合意し、その実現を目指さなければお客様の満足にはならない。

13903385550_62b8ac45c4_o.jpg

こんなケースもある。

「若手中心の合宿研修をしたいのですが、以前私も受けさせて頂いたITのトレンドや営業スキルの研修をお願いできないでしょうか。」

あるITベンダーの社長からこのような相談があった。

「ご意向は分かりました。ところで、なぜこのような研修をしたいのですか。別の言い方をすれば、この研修でどのような結果を期待されますか。どんな研修をするかは重要なことではありません。研修が終わった後に、受講者がどのような状態になっていることを期待されているのでしょう。」

彼は、次のように応えた。

「自発性がないというか、言われた仕事はちゃんとやってくれるんだけど、自ら仕事を作るとか、工夫するとか、十分じゃないと思っています。任せた仕事もひとつひとつ確認しなければなりません。安心して、仕事が任せられないんですよ。この点を何とかしたいと思っていて、この研修もそのためにできればいいなぁと思っています。」

私は次のように答えました。

「安心して仕事を任せたい。ならば、任せて安心な自分になるために何ができるかを考え、自分で気付かせること。そして、そのための目標やアクションプランを作る研修としてはどうでしょうか。」

そのための研修を実施することとなった。

お客様が求めているのは結果であって手段ではない。しかし、手段の議論ばかりに時間を割き、結果は成り行き任せでは相手の満足など得られない。徹底して、結果を議論して相手と合意することだ。結果が出せるのであれば、手段は任せてもらえばいい。もちろん手段についても「なるほどこのやり方なら結果が出せる」と相手を納得させられる説明がなくてはならない。

結果から方法を考える。そして、そのロジックを相手に納得させることだ。機能や性能を自慢するのではなく、結果を得るための物語を紡ぐことに十分な時間をかける方が賢明だろう

【緊急案内】最新のITトレンドとビジネス戦略 1日コース 東京/大阪

ITソリューション塾のエッセンスを1日でお伝えする研修です。

テクノロジーのキーワードを辞書のように説明してもそれがビジネスにどのように役立つなんて分かりません。本研修では、ITの歴史をも踏まえながら、ITの現状と未来、そしてビジネスにどのような価値をもたらすかを、そこにどう対応すべきかをわかりやすく解説します。

研修教材は、いつものようにパワーポイントのソフトコピーをロイヤリティフリーでご提供させて頂きます。

東京・茅場町での講義となりますが、大阪のサテライト会場でも受講頂けます。

2016年2月19日(金)1日間

  • 参加費 37,800円(消費税を含む)
  • 会場
    • 東京・茅場町 (茅場町駅4番b出口より徒歩5分)
    • 大阪サテライト (大阪ビジネスパーク駅からは、4番出口より徒歩1分)

お申し込みはこちらよりお願い致します。

【最新版】最新のITトレンドとビジネス戦略【2016年2月版】

*** 全て無償にて閲覧頂けます ***

LIBRA_logo

【新規登録】新入社員研修のための2つの教材を登録しました。

新入社員研修のための教材を公開しました。基礎的なことですが、これだけは知って欲しいという内容をできるだけ平易な文章と図解で紹介しています。プレゼンテーションだけではなく、教科書としてMS Wordの解説資料も合わせて掲載しています。

まもなく始まる新入社員研修や基礎的なことが不安という方の復習用にもご活用下さい。

【ITの基礎】

  • プレゼンテーション(pptx形式:31ページ)
  • 教科書(docx形式:23ページ)

【情報システムの基礎】

  • プレゼンテーション(pptx形式:10ページ)
  • 教科書(docx形式:15ページ)

【更新】最新のITトレンドとビジネス戦略

人工知能に関連した記述を増やしたこと、および、ITや情報システムの基礎的な知識については、「新入社員のための研修教材」として切り出し、そちらでより詳しく解説しています。

【サービス&アプリケーション編】(204ページ)

*スマートマシンと人工知能について、資料を刷新致しました。

  • 2045年までのスマートマシンのロードマップを追加しました。P.119
  • スマートマシンが労働にもたらす影響について追加しました。p.126-128
  • 自動運転車の動向について追加しました。p.129-130
  • 人工知能についてのページ順序を変更しました。
  • 従来の機械学習とディープラーニングの違いを図表に組み込みました。p.149-150

【ビジネス戦略編】(86ページ)

  • 営業人材の育成について、「営業の能力モデル」についての解説を追加しました。( p.72-75)

【インフラ編】(246ページ)

  • 変更はありません。

LIBRA_logo

「ポストSIビジネスのシナリオをどう描けば良いのか」

Amazonでの予約が始まりました。出荷は、1月26日を予定しています*

これまでと同じやり方では、収益を維持・拡大することは難しくなるでしょう。しかし、工夫次第では、SIを魅力的なビジネスに再生させることができます。

その戦略とシナリオを一冊の本にまとめました。

「システムインテグレーション再生の戦略」

si_saisei_w400

  • 歴史的事実や数字的裏付けに基づき現状を整理し、その具体的な対策を示すこと。
  • 身の丈に合った事例を紹介し、具体的なビジネスのイメージを描きやすくすること。
  • 新規事業を立ち上げるための課題や成功させるための実践的なノウハウを解説すること。

また、本書に掲載している全60枚の図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。経営会議や企画書の資料として、ご使用下さい。

こんな方に読んでいただきたい内容です。

SIビジネスに関わる方々で、

  • 経営者や管理者、事業責任者
  • 新規事業開発の責任者や担当者
  • お客様に新たな提案を仕掛けようとしている営業
  • 人材育成の責任者や担当者
  • 新しいビジネスのマーケティングやプロモーション関係者
  • プロジェクトのリーダーやマネージャー
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する