最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド(4)人工知能/(5)ロボット

»

アンビエント.png

(4)ビッグ・データを解釈し意味や価値を取り出す:アナリティクスと人工知能

クラウドに集まったビッグ・データは、分析(アナリティクス)されなければ活かされることはありません。しかし、そのデータの内容や形式は多種多様であり、しかも膨大です。そのため、単純な統計計算だけでは、そこにどのような意味があるのか、あるいは価値があるのかは十分にはわかりません。そこに「人工知能(AI : Artificial Intelligence)」が登場します。

例えば、日本語でのやり取りされる会話なら、その意味や文脈を理解しなければなりません。写真や動画であれば、そこに何が、誰が写っているかを読みとらなければなりません。さらに、誰と誰がどの程度親しいのか、商品やサービスについてどのような話題が交わされ、評価されているのかといった解釈も必要です。このようなことをビッグ・データの中から見つけ出してくれるのが人工知能です。

人工知能は、機器の制御や自動車の運転、交通管制やエネルギー需給の調整などの産業活動に使われます。また生活習慣に応じた健康アドバイス、趣味嗜好にマッチした商品やサービスのお勧めなど、個人にもフィードバックされます。またその人が欲しいと思ってくれる製品やサービスの紹介にも使われます。

(5)人間の身体能力を拡張する:ロボット

自動走行車、産業用ロボット、建設ロボット、介護ロボット、生活支援ロボットなど、様々なロボットが使われようとしています。ロボットは、クラウドからインターネットを介して知識の提供をうけ、自らの能力を高めてゆきます。さらに、周囲の人の動きや周辺環境をデータとして取り込み、自身に組み込まれた人工知能によって、人間の操作を受けることなく自律的に動作します。

これまでのITは情報を処理し、その結果をディスプレーを介しヒトに伝え、その情報を使ってヒトが判断し行動していたのです。しかし、ロボットは自らがセンサーを使って情報を収集し、人工知能を使って分析・判断して行動します。さらに、インターネットを介してクラウドとつながり、クラウドにある強力な情報処理能力活かして、高い知的能力と仕事をこなす能力を持つようになります。

これまでも、ロボットは工場でのもの作りや倉庫での運搬など、いろいろなところで広く使われてきました。しかし、人間が与えた手順どおりの仕事をこなすものがほとんどでした。しかし、これからのロボットは、人工知能を使ってまわりの状況を自分で見極め判断し行動する自律的なロボットへと進化してゆきます。そして、これまでの人間にしかできなかったような高度な仕事や人間と協調しながらいっしょになって仕事をしてくれるようになります。

このようにロボットは人間の手足として身体能力を拡張してくれる存在として、活躍の場を拡げてゆくことになるでしょう。

【緊急案内】最新のITトレンドとビジネス戦略 1日コース 東京/大阪

ITソリューション塾のエッセンスを1日でお伝えする研修です。

テクノロジーのキーワードを辞書のように説明してもそれがビジネスにどのように役立つなんて分かりません。本研修では、ITの歴史をも踏まえながら、ITの現状と未来、そしてビジネスにどのような価値をもたらすかを、そこにどう対応すべきかをわかりやすく解説します。

研修教材は、いつものようにパワーポイントのソフトコピーをロイヤリティフリーでご提供させて頂きます。

東京・茅場町での講義となりますが、大阪のサテライト会場でも受講頂けます。

2016年2月19日(金)1日間

  • 参加費 37,800円(消費税を含む)
  • 会場
    • 東京・茅場町 (茅場町駅4番b出口より徒歩5分)
    • 大阪サテライト (大阪ビジネスパーク駅からは、4番出口より徒歩1分)

お申し込みはこちらよりお願い致します。

【最新版】最新のITトレンドとビジネス戦略【2016年2月版】

*** 全て無償にて閲覧頂けます ***

LIBRA_logo

【新規登録】新入社員研修のための2つの教材を登録しました。

新入社員研修のための教材を公開しました。基礎的なことですが、これだけは知って欲しいという内容をできるだけ平易な文章と図解で紹介しています。プレゼンテーションだけではなく、教科書としてMS Wordの解説資料も合わせて掲載しています。

まもなく始まる新入社員研修や基礎的なことが不安という方の復習用にもご活用下さい。

【ITの基礎】

  • プレゼンテーション(pptx形式:31ページ)
  • 教科書(docx形式:23ページ)

【情報システムの基礎】

  • プレゼンテーション(pptx形式:10ページ)
  • 教科書(docx形式:15ページ)

【更新】最新のITトレンドとビジネス戦略

人工知能に関連した記述を増やしたこと、および、ITや情報システムの基礎的な知識については、「新入社員のための研修教材」として切り出し、そちらでより詳しく解説しています。

【サービス&アプリケーション編】(204ページ)

*スマートマシンと人工知能について、資料を刷新致しました。

  • 2045年までのスマートマシンのロードマップを追加しました。P.119
  • スマートマシンが労働にもたらす影響について追加しました。p.126-128
  • 自動運転車の動向について追加しました。p.129-130
  • 人工知能についてのページ順序を変更しました。
  • 従来の機械学習とディープラーニングの違いを図表に組み込みました。p.149-150

【ビジネス戦略編】(86ページ)

  • 営業人材の育成について、「営業の能力モデル」についての解説を追加しました。( p.72-75)

【インフラ編】(246ページ)

  • 変更はありません。

LIBRA_logo

「ポストSIビジネスのシナリオをどう描けば良いのか」

Amazonでの予約が始まりました。出荷は、1月26日を予定しています*

これまでと同じやり方では、収益を維持・拡大することは難しくなるでしょう。しかし、工夫次第では、SIを魅力的なビジネスに再生させることができます。

その戦略とシナリオを一冊の本にまとめました。

「システムインテグレーション再生の戦略」

si_saisei_w400

  • 歴史的事実や数字的裏付けに基づき現状を整理し、その具体的な対策を示すこと。
  • 身の丈に合った事例を紹介し、具体的なビジネスのイメージを描きやすくすること。
  • 新規事業を立ち上げるための課題や成功させるための実践的なノウハウを解説すること。

また、本書に掲載している全60枚の図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。経営会議や企画書の資料として、ご使用下さい。

こんな方に読んでいただきたい内容です。

SIビジネスに関わる方々で、

  • 経営者や管理者、事業責任者
  • 新規事業開発の責任者や担当者
  • お客様に新たな提案を仕掛けようとしている営業
  • 人材育成の責任者や担当者
  • 新しいビジネスのマーケティングやプロモーション関係者
  • プロジェクトのリーダーやマネージャー
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する