最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかる人工知能の抱える課題と限界

»

「2045年、コンピューターが全人類の知性を超える」

米国の未来学者であり、Googleの研究者でもあるカーツワイルは、コンピューターの進化の行き着く先には、このような時点が待ち構えており、これをシンギュラリティ(Singularity:特異点)と呼んでいます。果たして、本当にこのようなことになるのかどうかは分かりませんが、少なくとも現時点ではまだまだ課題が多いことを理解しておく必要があります。

スクリーンショット 2016-01-06 7.02.37.png

確かに人工知能の進化には、ここ数年目を見張るものがあります。ただ、その成果は、画像認識や音声認識、また、対話応答といった特定の知的作業領域に留まっています。

画像認識では、画像に写っているものを識別する能力においては、人間の能力に匹敵するかそれ以上の能力が実証されています。例えば、CTやレントゲンの映像から病巣を見つけ出す、あるいは、防犯カメラに写った来店客の挙動から窃盗の可能性を察知するなどの実用例も登場しています。また、音声認識では、異なる言語同士の対話をリアルタイムで翻訳するサービスが登場しました。さらに、対話応答の分野では、癌の診断所見を入力し対話的に質問を繰り返してゆくことで、膨大な癌研究の論文や治療データを機械が調べ最も適切と思われる治療方針や薬についての情報を医師や患者に提案してくれるといったこともできるようになっています。このように、人工知能は特定の知的作業領域において、既に人間の能力を凌駕するほどの実力を示し、既に実用化されているものも登場しています。

しかし、それは人間の脳機能で行われる知的作業の一部を代替したに過ぎず、人間の脳機能の全てを代替するものではありません。そもそも、脳機能やそれを実現している仕組みそのものがまだまだ未解明なわけですから、仕方のないことです。

例えば、自分が何ものかという自己理解は人工知能にはできません。また、意識や意欲などということになると、それがそもそも何か、どのような仕組みで実現しているのかさえ分からない状況です。このような機能も脳機能の一部であるとすれば、脳の活動を全て機械で実現するというのは容易なことではないことが理解できます。

ただ、そのような脳全体の機能や仕組みを解明し、それを人工知能として実現しようという取り組みも行われています。将来的には、意志を持ち自ら課題を発見し、自律的に能力を高めてゆく人工知能が登場するかもしれません。そうなれば、カーツワイルの言うところのシンギュラリティも現実味を帯びてくる可能性もあります。ただ、いまの段階では、まだまだハードルが高いのも現実と言えるでしょう。そんな人工知能の抱える課題と限界について整理してみましたのであわせてご覧下さい。

スクリーンショット 2016-01-06 7.02.56.png

人工知能にこのような限界がある一方で、先に説明の通り既に人間の能力を超える知的作業領域もあります。そんな現実に正しく向き合い、その用途をひろげていくことをまずは考えてゆくべきではないでしょうか。


【募集開始】ITソリューション塾・第21期 2月9日 開講

次期・ITソリューション塾が、以下の日程で行われます。

次期講義では、企業システムとしてクラウドを活用するための実践的ノウハウ、IoT時代のセキュリティ対策、ビジネス・スピードに対応するためのアジャイル開発やDevOpsなど、皆さんのビジネスに直接関わる実践的な知識をしっかりと盛り込む予定です。是非、ご検討ください。

 詳細はこちらをご覧下さい。

  • 期間 初回2016年2月9日(火)〜最終回4月26日(木)
  • 時間 18:30〜20:30
  • 回数 全11回(特別補講を含む)
  • 定員 80名
  • 場所 アシスト本社/東京・市ヶ谷
  • 参加費用 9万円(+消費税)
  • 全期間の参加費と資料・教材を含む

「SIビジネスはなくなってしまうのでしょうか?」

これまでと同じやり方では、収益を維持・拡大することは難しくなるでしょう。しかし、工夫次第では、SIを魅力的なビジネスに再生させることができます。

その戦略とシナリオを一冊の本にまとめました。

「システムインテグレーション再生の戦略」

si_saisei_w400

  • 歴史的事実や数字的裏付けに基づき現状を整理し、その具体的な対策を示すこと。
  • 身の丈に合った事例を紹介し、具体的なビジネスのイメージを描きやすくすること。
  • 新規事業を立ち上げるための課題や成功させるための実践的なノウハウを解説すること。

また、本書に掲載している全60枚の図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。経営会議や企画書の資料として、ご使用下さい。

こんな方に読んでいただきたい内容です。

SIビジネスに関わる方々で、

  • 経営者や管理者、事業責任者
  • 新規事業開発の責任者や担当者
  • お客様に新たな提案を仕掛けようとしている営業
  • 人材育成の責任者や担当者
  • 新しいビジネスのマーケティングやプロモーション関係者
  • プロジェクトのリーダーやマネージャー

【最新版】最新のITトレンドとビジネス戦略【2015年1月版】

*** 全て無償にて閲覧頂けます ***

LIBRA_logo

最新版【2016年1月】をリリースいたしました。

今月の目玉は、IoTと人工知能についての記述を大幅に刷新したことと、これからのビジネス戦略について、新たなチャート&解説を追加したことです。是非、ご確認下さい。

*全ての資料(529ページ)は全て無料で閲覧頂けます。

【インフラ&プラットフォーム編】(246ページ)
・見栄えや誤字の修正を行いました。内容の変更はありません。

【アプリケーション&サービス編】(199ページ)
*IoTと人工知能について、大幅に資料を刷新致しました。


IoT
・「IoTとは何か」を新規に追加しました。P.14
・CPS(Cyber Physical System)についての記述を追加、修正致しました。p.17-20
・自動運転車について新たなチャートを追加しました。p.23
・モノのサービス化について新たなチャートを追加しました。p.28
・IoTに関する事例動画を刷新しました。p.49-52

人工知能
・8ページの新規プレゼンテーションを追加し、全体のストーリーを変更しました。p.139-153

【ビジネス戦略編】(84ページ)
・「テクノロジードリブンの時代」を追加致しました。 p.3
・「ビジネスの変革を牽引するテクノロジートレンド」を2016年版に差し替えました。p.4
・「ポストSI時代に求められるスキル」を追加しました。p.5
・社会構造の変革に関する記述を追加しました。p.6-8
・「顧客価値と共創優位」を追加しました。p.9-10

http://libra.netcommerce.co.jp/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する