最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

プレーイング・マネージャーという言い訳(2/2) どうすればいいのか

»

「立場が、人を作る、能力を磨くものです。」

そんな言葉もあるが、これは、しょせんきれいごとだ。マネージメントの能力は、自助努力で獲得しなさいといっているに過ぎない。その一方で、数字のノルマは、「もう、マネージャーなんだから」ということで、一層厳しく求められる。

しかし、これは、プレーイング・マネージャーにとっては、ある意味大きな救いでもある。数字を達成するためには、部下に任せていられない。自分がやるしかないんですよ・・・と言い訳ができる。経営者も数字が大切だから、それを受け入れざるを得ない。

ここに両者の暗黙の了解が、出来上がる。

05ad22a

人は、誰しも楽しいことをやっているほうが、気持ちがいい。お客様と話し、商談を進めることは、楽しいものだ。自分で、作戦を立て、提案し、交渉して契約を取る。そして、適度に息抜きもでる。

優秀なプレーヤーであればあるほど、やり方は心得ているから、マネージャーとしての仕事をするよりは、プレーヤーとして、動き回るほうが、気持ちが楽だ。

一方、マネージャーは、部下が抱える案件の進捗把握、フォーキャスティング、組織としての予算達成、管理資料の作成や疲れる会議への出席、できない部下 の育成などなど、なれない仕事を任される。その結果、自分の仕事(=プレーヤーとしての仕事?)ができないという気持ちになる。

ますます、マネージャーとしての仕事から、気持ちが遠のいてゆく。

自分が、マネージャーとして、育成されてないのに、何が部下の育成かと思うのだが、こんな現実は多い気がする。

こういう会社は、次のような問題を抱えていることがある。

  • 若手が、なかなか育たない。
  • 大きな数字は、特定の個人(優秀といわれるベテラン営業)に依存している。
  • 社内のローテーションがうまく進まない。

つまり、ひとりひとりの営業力の底上げや、組織として力を発揮することができないのだ。

プレーイング・マネージャーが、ダメだというつもりはない。しかし、彼に何を期待し、何をしてもらいたいのか?

プレーヤーが優先なのか、それともマネージャーとしての仕事を優先してほしいのか?そのことをはっきりしないまま、あるときは、プレーヤーを期待し、あるときは、マネージャーを期待する。これでは、自分はどうすればいいのか不安になるばかりだ。

このような状況では、まじめな人ほど、両方を何とかしなければとがんばる。その結果、どっちつかずになり、「自分は、なんてダメなんだ・・・マネージャーとしてやっていけるんだろうか?」という不安が募る。それが、きっかけとなって、心を病む人いる。

これは、マネージャー本人の資質ややる気の問題ではない。多くは、経営者の責任だ。

  • マネージャーとしての役割や心構えを徹底できていない。
  • マネージャーとして必要な能力の育成をないがしろにしている。
  • マネージャーの評価基準が、プレーヤーの延長線上にしかない。

まず、第一点目は、マネージャーのあるべき姿が、示されていない、共有できていない。これでは、何を目標にすればいいのかがわからない。

第二点目は、育成の仕組みだ。エンジニアのための技術研修は、どこも熱心だ。しかし、営業や営業マネージャーの研修というものは、意外とないがしろにされている。営業マネージャーは、事務職や技術職とは、違う能力が求められる。それにもかかわらず、この点に配慮がなく、自助努力にたよっているだけでいいだろうか。

最後は、マネージャーの評価基準を予算の達成に重きをおいていることだ。もちろん、数字目標の達成は、不可避ではあるが、それだけでは、不十分。部下の育成や組織力の向上について、明確な達成目標を示し、それを昇進や昇給に連動させているだろうか。

マネージャーとして、やってもらいたいこと。例えば、数値目標が達成できる部下の能力育成。また、組織力としてチームを運営するためのプロデュース能 力、顧客トップとの良好な関係の維持、効率的なリソース運用・・・そういう、マネージャーに求められる能力とでも言うか、態度とでも言うか、そういうものを明確に定義し、評価する仕組みを持つことは、大切なことだ。

プレーイング・マネージャーという言葉の意味を真剣に考えてみてはどうだろう。

本当に力を発揮できるプレーイング・マネージャーとは、どのような人材なのか。彼らは、どんな能力を備え、コンピテンシーを持つべきなのか。

IT業界が、大きな転換期を迎える中、マネージャーも売上げの貢献にがんばってもらいたい。しかし、その役割は、担当営業と同じでいいはずはない。そこのところをちゃんと考え、彼らに示してあげることは、経営者の大切な役割だと思う。

また、プレーイング・マネージャー自身も、自分の役割について考えなくてはいけない。マネージャーとして、自分は何ができて、何が足りないのか。不安を抱え込むのではなく、冷静に、客観的に自分を内省してみることが必要だ。

経営者も、自分自身も、プレーイング・マネージャーという言い分けで、自らをごまかさないようにしたいものだ。


クラウドを「使う」ためのセミナー(無償
)を開催します!

基幹業務システムでクラウドを使ってゆこうという気運が高まっています。
そんな中、ERPをクラウドに移行する事例も増えてきました。
しかし、本当に大丈夫なのでしょうか?

本セミナーでは、ミッション・クリティカルな業務や顧客向けサービスでクラウドを活用する勘所紹介します。クラウドを本気で「使う」ための実践的なヒントをお持ち帰りください。

2014年11月10日(月曜日)18時00分~19時30分
アイ・ラーニング茅場町研修センター 2F 201教室  

詳しくは、こちらをご覧下さい。

最新ITトレンドとビジネス戦略【2014年10月版】(182ページ)」を公開しました!

毎月公開しています最新ITトレンドについてのプレゼンテーションです。以下のテーマでまとめられています。

  • クラウド・コンピューティングで変わるITの常識
  • モバイルとウェアラブル
  • 仮想化とSDI (Software Defined Infrastructure)
  • IoT (Internet of Things) とビッグデータ
  • スマートマシン
  • これからのITビジネス戦略

今月は、仮想化とSDIについてプレゼンテーションを一新し、解説文書を追記致しました。

よろしければお立ち寄り下さい

システム・インテグレータの今と次のシナリオを考えて見ました

system_cover

「システムインテグレーション崩壊」

〜これからSIerはどう生き残ればいいか?

  • 国内の需要は先行き不透明。
  • 案件の規模は縮小の一途。
  • 単価が下落するばかり。
  • クラウドの登場で迫られるビジネスモデルの変革。

Follow Us on Facebook Facebookページを開設しています。「いいね!」やご意見など頂ければ幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する