最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

欧米との文化の違いを理解しないままに製品やサービスを選定してはいけない

»

欧米の経営者と従業員の関係は、羊飼いと羊の関係に似ている。彼らは、何百頭、時には何千頭の膨大な数の羊たちを効率よく統制し、牧草の生い茂る場所を巡回して、羊たちを育ててきた。その仕組みをうまく動かすためには、組織を階層化して、指揮命令系統をひとつにした、中央集権型の組織を作る必要があった。また、現場の末端に至るまで、迅速・正確に情報を収集する術を必要とした。その伝統が、企業や国家の経営の根底にある。

Hoboku


また、米国では「横へのキャリアパス」が受け入れられている。「横へのキャリアパス」とは、ある会社で経験を積み、スキルを身につけ、ほかの会社へ転職して、さらに高い地位を手に入れるというキャリアの作り方だ。米国ではそれが当然のことであり、むしろ高く評価される傾向にある。

したがって、社員は高い報酬と地位を得るために会社に尽くす一方で、その機会が満たされなくなれば、いつでも他の会社に移り、さらに高い地位と報酬を求める。一方、経営者もそのことは承知しており、きめ細かく徹底した管理を行う。営業プロセスをリアルタイムで把握し、適正に業務を行っていること、あわせて会社への不正や不利益が生じないかどうかなど、組織の末端まで監視しなくてはならない。

SFA(Sales Force Automation)やERP(Enterprise Resource Planning)は、このような欧米文化を背景に生まれてきたITソリューションだ。つまり、営業や業務の末端を徹底して見える化し、経営者が現場を統制するとともに、適切な指揮命令を迅速に行うために作られたものなのだ。

一方、日本はどうか。日本では「横へのキャリアパス」はあまり快く思われていない。昔ほどではないにしても、「同じ会社の中で出世していくことがキャリアパス」と考えられている。そのため、従業員は、一生勤め上げる会社を我が家のように考え、会社のために貢献することを当然と考える。その一方で、キャリアアップを図るには大きな失敗は許されない。何事も「ミニマムスタート」でリスクを最小限に抑え、失敗を許さず、小さな成功を積み上げてキャリアアップしていく企業文化だ。

経営者は、そんな社員を信頼している。現場が「使えない」というものを、経営者は無理矢理使わせることができない。「現場の判断にまかせる」ことを大切にする傾向にある。そのため、欧米のような絶対的主従関係は育ちにくい。

このような思想的背景の違いがあるにもかかわらず、欧米方式の製品をそのまま現場に持っていくと、「こんな帳票や操作画面じゃ使えない」と反発に遭う。「ならば現場に使えるように」と、業務プロセスに対応させるべく、徹底したカスタマイズを許容する。欧米ではあまりないことだ。

これは、「現場の主体性に大きく依存し、現場を信頼する」日本と、「現場は管理・統制の対象と考える」欧米のどちらがいいか、悪いかといった、優劣の問題ではない。文化の違いだ。ただ、この違いを理解せず、システムの選定を進めることは、結果として大きな失敗を招くことになる。

ITに関わる製品やサービスが、欧米生まれであると言うことは、作られた国の文化やビジネス環境を前提にしていることを忘れてはならない。だから、「欧米の製品は使えない」という短絡的な話しではなく、そういう違いを理解して、うまく付き合うことを考えるべきだろう。

先ほども述べたが、SFAが導入されてもなかなかうまく使いこなせないのは、営業の考え方ややり方が日本と米国では大きく違っているからだ。この点については、改めて書くが、背景にある文化や思想に関わる違いを考えず、表層的な機能や性能だけで選んでしまって失敗する典型的な事例だろう。

いずれにせよ、製品やサービスは、その前提となる課題やニーズがあるから存在する。その前提が異なるのであれば、例え優れた機能や性能であっても使えない。その当たり前を十分に確認しないままに選定することは厳に慎んだ方が良いだろう。もちろん、ITベンダーもそのことを正しく伝える責任を負っていることを忘れてはいけない。

【無料】イベント『受託開発ビジネスはどうなるか、どうすべきか

来る8月27日(水)に、「納品のない受託開発」でおなじみのソニックガーデンの倉貫さんとトーク&ディスカッション・イベントを開催します。SIビジネスや受託開発まの課題、今後どうしてゆくべきなのかを話し合います。こちらの一方的なスピーチではなくご来場の皆さんを巻き込んだイベントにしようと考えています。

ほぼ、同じ時期にお互いに本を出版したことをご縁に開催することとなりました。詳しくは、こちらのFacebookのイベントページをご覧いただき、「参加する」ボタンを押して下さい。

*更新しました* 今週のブログ 

「営業スキルの強化」か「売上の増大」か・・・両方同時は無理です!

営業スキルを強化すれば、売上は増大するのでしょうか?こんな単純な論理は成り立ちません。ではどうすれば良いのでしょうか。今週のブログはそんなテーマで考えてみました。

Kindle版 「システムインテグレーション崩壊」


system_cover

〜これからSIerはどう生き残ればいいか?

  • 国内の需要は先行き不透明。
  • 案件の規模は縮小の一途。
  • 単価が下落するばかり。
  • クラウドの登場で迫られるビジネスモデルの変革。

Libra_logo300x53

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/ LiBRA

Follow Us on Facebook Facebookページを開設しています。「いいね!」やご意見など頂ければ幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する