社会的にアレな人に最適化されたブログ

時が暴走する

»

 スラドで見た「ZETA OSを開発するyellowTABが日本の総代理店であるBerry Japanと契約を打ち切る」の話題が痛ましい。マニアックなものが好きで好きで仕方ない自分にとって、今のZETA OSの状況はかなり理想的なものがある。これからは「GUIが何たるかを分かっていないとこのOSは楽しめないよね」みたいな選民意識を振りかざしつつZETA OSを紹介していこうと思っている。

 yellowTABがこの件について述べているプレスリリースでは、契約破棄の理由について、「Berry Japanが日本市場でのZETAの売り上げを一切yellowTABに支払いをせず、再三契約違反について申し入れを行ってきたが、改善されなかった」ためであるとしている。

 一方、Berry Japanからは特別なプレスリリースは出ていない。どうやら出す予定もないようだ。これまでに集まった断片的な情報などから判断するに、どうやら両社の言い分が大きく食い違いすぎており、水掛け論になることを恐れ、あえて出していないように見える。

 深読みすれば、BeOSの後継とはいえ、日本での知名度(ともすればグローバルで見ても)がほとんどないに等しいこのOSの価値をyellowTABは過大評価していたように思える。Berry Japan側からすれば、営業を含めたマーケティングや開発サポートなど、このマイナーOSを売っていくためにはかなりの努力が必要であったと推察される。ありていに言えば、
・yellowTAB:総代理店の権利を“あげた”のだから売ってほしい
・Berry Japan:売っていくために十分な協力をしてほしい
といったところか。このスタンスの違いが決定的であったようだ。ある話では、Berry Japanが総代理店となる直前にもこのあたりの話でミソがつき、総代理店の話自体がなくなりかけたようだ。yellowTABのCEOであるBernd Korz氏にもBerry Japan代表取締役社長の大場章弘氏にも会ったことがあるが、どちらも我の強い個性的な方なので、なるべくしてなった結果と見るべきだろう。合掌。

 さて、ターボリナックスの動向にも注意しとかなきゃ……。

Comment(6)

コメント

ホルヘ・マレー

西尾さん、こんにちは、yellowTAB のマレーです。

いつも ZETA という OS に対して好意的な言葉を書かれていること、ありがたく思います。

Berry Japan の契約解除の件について西尾さんが書いたことについて、yellowTAB では Berry Japan を担当していた人間としていくつか指摘させてください。

> これまでに集まった断片的な情報などから判断するに、どうやら
> 両社の言きい分が大きく食い違いすぎており、水掛け論になること
> を恐れ、あえて出していないように見える。

この件について、yellowTAB しか正式発表してないのに、なぜ「両者の言きい分が大きく食い違いすぎており」と言えるのでしょうか?これはただの推測でしょうか?それとも Berry Japan から得た情報に基づく結論でしょうか?

あえて言えば、事実は一つだけです:Berry Japan が弊社の製品を受け取って、それ販売して、売り上げをあげながらも、総代理店契約で発生した yellowTAB へ支払い義務を果たさなかったことです。

具体的には、7月から2ヶ月にわたって「yellowTAB への送金が済んでいる」や「人的ミスで海外送金が通らなかった」などと Berry Japan から言い訳ばっかりきかされました (担当だった僕が何回メールを出したり、何回国際電話をかけたりしたことか!)。9月になっても支払い問題が解決されないままだったので、9月末にこちらから Berry Japan のオフィスに出向いました。そこで Berry Japan がはじめて「支払いをしてない」ことを認めたわけです。さて、どうしましょうか、というところで、yellowTAB が分割払いに合意して、僕自身が Berry Japan 代表取締役社長の大場章弘氏と会って、双方が合意分割払いの契約に社長本人にサインしてもらいました。結局は、約束の支払い納期になっても、Berry Japan からの支払いを確認できず、こちらからだした多くのメールでの催促にも返事をいただいておりません。

結果から言えば、2005年7月のはじめに行うべき支払いが、2006年の1月になっても、Berry Japan から弊社へ振込されておりません。

> ありていに言えば、
> ・yellowTAB:総代理店の権利を“あげた”のだから売ってほしい
> ・Berry Japan:売っていくために十分な協力をしてほしい
> このスタンスの違いが決定的であったようだ。ある話では、Berry Japanが
> 総代理店となる直前にもこのあたりの話でミソがつき、総代理店の話自体が
> なくなりかけたようだ。

これも推測でしょうか?それとも Berry Japan からの情報でしょうか?契約の交渉にかかわった人間として、こういう事ははなかったと断言できます。

メーカーはそれなりの成果を期待して、代理店になる企業に販売権を与えるわけですが、総代理店の義務は契約の内容によって左右されても、根本的には扱っている製品の販売を促進することは当り前ではないでしょうか。Berry Japan との契約では最低限の販売ノルマもなければ、最低限の年間売り上げの設定もなかったわけですから、yellowTAB からはリソナブルな期待をしていただけで、Berry Japan に製品を売る異常なプレッシャーをかけたことはありません。

yellowTAB は Berry Japan に対してそれなりの協力をしました。ZETA 1.0 の日本語化はほんの一部を除けば、95%以上は弊社が JPBE.net の協力を得て作業したものです。製品についている説明書の日本語版作成にも協力し、発売直前に僕が日本に出張し、Berry Japan が運営する zeta-os.jp にあるサイトも構築したり、日本向けのパッケージのデザインも行いました。日本の雑誌の CD/DVD に収録するための「ライブCD日本語版」の作成をしたりなどもしました。Berry Japan が総代理店になる前から弊社が行っていた他社との販売交渉を成立させ、注文をそのまま Berry Japan に回したぐらいです。

ZETA は完全な製品?そうは言えません。ZETA には課題はあることは事実です。が、弊社はその課題を認識して、少しずつではありながらも、解決に取り組んでいます。第一課題とも言えるハードウエアサポートの面についても、ZETA 1.0 で新しいカーネルをリリースしたり、CUPS の実装でプリンターサポートを拡大したり、1.0 リリース後も SATA のサポートなどで、ハードウエアサポートを上々に改善するよう努力しています。

ちなみに、 Berry Japan はこれらの課題は総代理店になるずっと前から認識していました。というのは、Berry Japan の技術室長は BeOS でも長い経験を持つ方で、ZETA についてとても詳しい方です(PC-CRAFT という会社の経営者でもあって、ZETA 向け日本語入力システムも開発している者です)。

yellowTAB は完全な会社?そうとも言えません。ですが、yellowTAB は誠意を持って可能な範囲で総代理店だった Berry Japan に協力しました。Berry Japan にも誠意をみせてもらいたかったが、残念ながら、それが見られず、弊社はやむを得ない決断に追い詰められましまいました。

長いコメントで、大変失礼いたします。今後とも ZETA をご支援ください。

ホルヘ・マレー
jorge.mare@yellowtab.com

にす

おぉ、マレーさんだ。ご無沙汰しております。えー、ご質問の件、結論から言えば、基本的に憶測では書いていません。関係者からの話とお考えください(とはいえ、関係者の数など限られていますが)。

で、ご指摘の件ですが、個人的な見解ですが、支払いに関する部分において、マレーさんの言われているとおりだと考えています。

ただし、開発面において、両社のボタンの掛け違いがあったと認識しています。

こちらのコメントにダラダラ書くのもアレなので、メールさせていただきますね。

ホルヘ・マレー

西尾さん、マレーです。コメントのところで長い投稿を書いてしまって、申し訳ございません。

会社の規模から言って yellowTAB は限定した開発リソースがあることからできることとできないことはありますが、開発を含むあらゆる面においては、弊社はコミュニケーションのチャンネルを常に開けていましたし、Berry Japan に対して余計な期待をさせたわけではない。

まぁ、また長くなると申し訳ないので、是非メールください。公平な報道ができるよう、喜んでお話しします。

ホルヘ・マレー
jorge.mare@yellowtab.com

zeta

ユーザの見えるところでボタンの「掛け違い」で済ますのですか?
これは、今回の問題に限らず、この先も同じような問題を引きずることを意味してますか?
「ボタンの掛け違い」おおいに結構!
ただし、ユーザに対しては明確な説明あってしかるべきです。
「にそ」さんとやらが個人的な見解とかなんだかで述べるのは勝手ですが、代理店が明確に説明すべきでしょう!!

にす

えーと、述べられている意見はごもっともですね。ユーザーサポートについては、(契約解除後も)責任を持つと言っていたような気もしますが……、これは再度問い合わせてみます。

ホルヘ・マレー

zeta さんまたは他の ZETA ユーザへ

yellowTAB にとっては、お客様は第一の貴重な宝物です。今回の問題ができるだけお客様の迷惑にならないよう、 「yellowTAB が Berry Japan との契約を打ち切る」(http://www.jpbe.net/news/archives/2006/01/000950.html) というプレスリリースで発表した通り、日本の ZETA ユーザに対して、弊社でサポートさせていただきます。プレスリリースに連絡先の詳細も記載されていますので、是非そちらを御覧になってください。

今後ともよろしくお願い致します。

ホルヘ・マレー
jorge.mare@yellowtab.com

コメントを投稿する