ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

Firefox 3 正式リリース - Mozilla なしでは、クラウド・コンピューティングはない

»

Mozilla ファンのみなさん、Mozilla Japan のみなさん、Firefox 3 正式リリース、おめでとうございます。Mosaic、Netscape Navigator、Mozilla、Firefox と、ブラウザはずーっとこの系統を使ってきたので、いちユーザとして、たいへん親しみがあり、我が事のようにうれしく思っています。


Netscape Navigator のコードネームが Mozilla だったこととか、Mozilla は元々、マーク・アンドリーセンのMosaic  Communications のマスコットだったことなどから、営々とこの名前が引き継がれてきたと聞いています。いい事だと思うなぁ。そういえば、Netscape のマウンテンビューのオフィスには、そこら中に Mozilla の絵が貼ってあったなあ。なんで知ってるか、それは私が Sun | Netscape Alliance の社員だったからでした・・・。

さて。Firefox の特徴は・・・。それは、Mozilla のホームページをご覧下さい。私が説明するより正確でしょ。

でもまあ、OSについていうと、Windows、MacOS、Linux で稼働する。Solaris でもリリースのタイミングがずれるけど、稼働します。だから、私の場合、会社のSun Ray のブラウザ、家にある個人用 Letsnote の Windows XP(ペケピー)、会社のノートブックPC の MacOS、全部Firefox です。あ。メールクライアントは、全部、Thunderbird ね。

さっそく会社のMacBook に Firefox 3 をインストールしてみました。弊社のwifi が遅いからか、ダウンロードにちょっと時間がかかりました。17MB だったので、なんか遅いなあ、という感じ。でも、インストールは思いっきり簡単。dmg ファイルを一回クリックするだけ。

iTunes で ZZ Top の最高傑作アルバム「Afterburner」でガンガン、ロックをかけながら、Firefox 2 から Firefox 3 へ移行。再起動の必要なし!当ったり前だね。お。実は仕事中だったりして。仕事中にロック聞いてて良いのか??いけないです!!

■□■□■□
Google の CEO エリック・シュミットが言い出した「クラウド・コンピューティング」。もともと、エリック・シュミットはサン・マイクロシステムズの CTO だったのです。サンではスコット・マクニリも、今の CTO グレッグ・パパドプラスも、CEO のジョナサン・シュワルツも、インターネットの絵を描くときに、みんな、雲の絵を描きます。たぶん、エリックあたりがサンにいたころに描き始めたんだろう と想像します。

ちなみに、ジョナサン・シュワルツがサンに入社した時の直属のマネージャがエリック・シュミットなのでした。 

「クラウド・コンピューティング」は、だから、単純に言えば、すべてのコンピューティングはインターネットで行われるということ。エリック・シュミット が、「Don’t bet against the Internet.」とThe Economist に寄稿したように、インターネットのみが、現在利用すべきコンピュータの形態なのです。雲の中は、もちろんサーバで、このサーバが Web アプリケーション(Webサービスでも結構)を稼働させるのだけれど、アクセスする側は、サーバがなんであれ、どこでどんな環境で稼働しているか、なんて 知らなくても良い訳です。だから、雲。

今後開発されるアプリケーションは、すべてインターネット上で稼働させるものになります。メインフレームも、クライアント・サーバも、スタンドアローンのPCでは、もうしなくなるでしょう。コンピュータにアクセスするのは、ネットワークに接続した端末のようなものがあればよくなります。PC、携帯、キオスク、そのうちにコンビニのATM端末からでさえ・・・。

たとえば、オフィスツールだってそうです。現在のところMicrosoft Office が大きなシェアを持っています。しかし、たとえば、Google の Gmail をお使いなら、左上に「ドキュメント」というのがありますが、あれが、Google のオフィスツールです。データはすべて地球上のどこかのサーバにあります。Gmail のメールも地球のどこかにあるのです。つまり、雲の中。

さて、この「クラウド・コンピューティング」は、コンピュータの利用形態であり、技術ではありません。Webアプリケーションを稼働させるのであれば、グ リッドでも、SaaSでも、データセンターサービスでも、仮想化でも、なんでもあり、です。個人的には「クラウド・コンピューティングの要素技術」と呼ん でいます。このことは、今後このブログにも書いていこうと思います。

さて、Firefox の存在は、OSに依存しない、完全なインターネットのクライアントである、という意味合いで、OS に付属してくる、MacOSのSafari とも Windows の IE とも、まったく存在意義が違います。

上に貼り付けた、ITmediaの記事で、Mozilla Japan 代表理事の瀧田左登子氏が、「新たな時代の扉をFirefox 3で開きたい」と語られているが、まったくその通りだと思います。

Comment(6)

コメント

ごとう

Firefox3でここを見ると左の文字が隠れるんです。
他のブロガーさんで左にプロフィールがある場合は右の文字が隠れてしまいます。
ブラウザの幅を狭くすると簡単に再現するんですが。どうにかならないでしょうか。
ITmediaさんには何度も問い合わせで報告しているんですがなしのつぶてです。
ブロガーさんから言ったほうがITmediaさんも動いてくれるのかなと思いましたので、よろしくお願いします。

ごとうさん、コメントありがとうございます。
 
いま、事務局にメールを送りました。私はMacOSなのですが、これだと、「代替案のある生活」と書いてある下、「ITの技術や方向性考え方について・・・。」という字が見づらくなっているだけで、左の文字は表記されています。
 
申し訳ありませんが、お使いの OS もお教えいただけると状況把握がもう少し進むかもしれないので、コメントいただけないでしょうか?

Quest

Firefox2とFirefox3の両方で試してみましたが
ブラウザの横幅がおよそ1000(1024?)ピクセルを切ると
右側の帯の部分が右側から隠れるようです。
私の場合は、ここのページも右側から隠れていきます。
左側にプロフィールがある、「『ビジネス2.0』の視点」というページでも
同じように右側から隠れていきます。
WindowsXPでFirefox2,Firefox3どちらもです。

ちなみにie6の場合は、ここのページは右側が消えずに本文が縮んでいき
ある限界を超えると本文が表示されなくなります。
「『ビジネス2.0』の視点」というページでは、Firefoxと同様に
ある限界点で右から隠れていきます。
ただし、ブラウザの表示幅を変えるだけで、何をしているのか
反応しなくなり、数秒の後にパッと表示されます。

やはり、Firefox3は噂通りの速さです。

WindowsXPですが、私の手元ではFirefox3+メイリオ+オルタナティブ・ブログの組み合わせで表示が顕著におかしくなります。
これ以外の組み合わせだと概ね大丈夫なのですが…。

Quest

XP用のメイリオをインストールして試してみました。
柊さんが仰るとおり、表示がよりおかしくなりますね。
正常に表示するための横幅がさらに必要になります。
Vistaでもフォントをメイリオにすると同じ症状になります。
フォントを変えるだけで表示の仕方が変わるので
Firefox側の問題のような気がしますが、私の場合は
MS P ゴシックの表示で十分で、必要な横幅も確保できるので
取り敢えずスルーですね。

ちょっと、ここのエントリーと関係なくなってきたので
これくらいにしておきます。m(__)m

ごとうさん、Quest さん、柊さん、コメントありがとうございます。
 
Mozilla のコミュニティのお作法はよく分からないのですが、いちおう、MozillaZine のフォーラムにあげておきました。なにか良い回避策とか、サーバ側の変更点などがあれば、随時このブログでもご連絡します。いまのところ、ご不便をおかけしますが、推移を見守ってください。
m(_ _)m

コメントを投稿する