ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

【大胆不敵】 2008 - 2011年 IT 10大予測 - その2 OracleがSunを買収する?!

»

なんで、ブログなんて書き続けているんだろう。と、思うことがある。今回のこの10大予測は、ひとつひとつが結構、重たいのだ。が、始めちゃったので、最後までやります。今回の2つには、詳細なデータなどない。どちらかといえば、いままでの私の個人的な経験と、私なりの推論である。

3.Oracle が Sun を買収する

別にサンの社内にそういった情報が流れている、ということでは、「まったくない」。Sun を BEA に変えれば、ついこの前、話題になったことだ (まだ、続いているのだろうか?)。M & A は、どの業界でも起こることで、IT 業界でも、業界の歴史の大部分が M & A の歴史である。

そして、2008年から 2011年の間にも、大きな M & A は発生するだろう、ということだ。その大きさが、Oracle、Sun、Dell、SAP、Intel といったようなサイズの企業が、買ったり、買われたりするのではないか、と想像する。まあ、空想のレベルではあるが。

その要因の一つは、Oracle と SAP。ふたつの ERP パッケージベンダーの対立だ。大型の ERPパッケージの業界シェアは、この2社によって2分された。両社とも、均衡を保って、安穏とする会社ではない。どうやって、シェアを取り返すか、また、自分のシェアを確保するために、プラスアルファの機能を ERP パッケージに付随させて、自社の顧客を囲い込むかが重要になる。

その時に、ゼロから新しい機能を作っていたのでは遅いので、当然既存の企業でそのソリューションを持っている会社を M & A することになるだろう。だから、Oracle  が BEA を買収する理由のひとつとして BEA の SOA ソリューションとアプリケーションサーバを取り込めば、強くなるし、顧客ベースも増える。これは、対 SAP だけではなく、対 IBM、対 DB2 & WebSphere にも有効だ。

まあ、Oracle が Sun をいま買っても、何の益もないので、上のタイトル「Oracle が Sun を買収する」は、半分ジョークだ。1年半ほど前、Oracle と Sun がシリコンバレーで、合同社内ミーティングを大々的にやったときに、スコット・マクニリがラリー・エリソンに、開口一番、「いつ、Sun を買うつもりだい?」とジョークを飛ばしたのでした。(合同社内ミーティングをやるぐらい、この2社は、仲が良いらしい)。

4.SaaS は日本では苦戦する

SaaSは、私個人としても、 Sun としても、期待している分野のひとつだ。Salesforce.com (がんばれー。あ。応援です。)に止まらず、様々なサービスをコモディティ化したり、まるで、電気を使うのに、コンセントにつなげれば使えるように、IT サービスもネットワークにつなげるだけで使い始められる。まあ、今後はコンセントでなく、Wifi などの無線の世界だから、まるで、スタートレックみたいに、コンピュータにつながっていく。いいなぁ。

と、理想は高いが、日本での SaaS は、Salesforce.com が一歩一歩地ならしをしてきて、ようやく 2007 年ぐらいから、市民権を得た言葉となった。昨年11月に SaaS World 2007 が東京ミッドタウンで開催され、Sun はインフラベンダーとして、唯一参加したが、私が知っている、業界のキーパーソンが、来るは、来るは。

ところが、私の予想では、SaaS は特に2008年から2011年まで、日本では苦戦するだろう。まあ、その前に SaaS の定義をはっきりさせなければならないが、ここは、オルタナティブ・ブロガー、谷川 耕一さんの定義が適切だと思うので、こちらをご覧下さい

この中で、SaaS の特徴として、谷川さんは、

  • マルチテナンシーであること
  • 費用の支払い方がサブスクライブ方式
  • カスタマイズが可能

であるという。日本で苦戦するのは、まさにこの3点と思われる。

マルチテナンシーであること

他社が使用している同じシステムで、自社のシステムを使って、セキュリティ上問題ないのか?という、子供じみた不安から、自社のデータとサービスは、特別にしてくれ(止めるな)、データは日本に置け、など、ご無理ご無体な要求が出てきそうだ。

サブスクリプション方式の支払い
弊社でもサブスクリプション型の料金体系があるが、ぶつかる現実としては、それぞれのIT経費は、一回きりのプロジェクト型で下りてくるのが実情だ。どうやら、ITの支出は、まとめ買いしか認められない。電話と同じだし、電話に比べたら全然安いし、電話の通話料も、そのシステムによって減るのに、サブスクリプション型を認めて貰えない事がある。もっと聡明になっていただきたいものだ。


カスタマイズが可能

とは言っても、マルチテナンシーである以上端から端までカスタマイズするのは、無駄だ。ERPパッケージが出始めた頃、ERP の機能のカスタマイズをどこまでやるのか、問題になったが、SaaSでは ERP パッケージよりは、カスタマイズをしない事が懸命だと思う。その分、マルチテナンシーで、サブスクリプション型で、費用を低く抑えて、必要な機能を使える利点を得られるのだ。

しかし、日本のIT部門の文化としては、自社のオペレーションにシステムが合うこと、止めるなといったら止めないこと、トラブルがあったら理由を明確にして二度と同じエラーを出さないこと、が尊重される。この保守的な文化が変化していかなければ、安く、さっさと使って、適度な依存性をキープするようなオペレーションが、そんなに簡単に導入できるとは思えない。

私のとっておきの、すっごい大胆な予測としては、グループ子会社に SaaS 会社を作り、グループ各社の共通サービスをその SaaS 子会社に受け持たし、我が企業グループでは、SaaS を実践しています、と言うの。それ、SaaS っていうのかねぇ。 経費が浮くのだろうか?

Comment(7)

コメント

> 私のとっておきの、すっごい大胆な予測としては、グループ子会社に SaaS 会社を作り

これは、シェアードサービスセンターを独立させたものでしょうかね。ある種十分あり得るし、日本はけっこうこのモデルがいけるんでにでしょうか。

そうですね。頭がホールディング会社のグループ会社とかね。子会社が 100 社もあるようなグループ会社だと、メールシステムやスケジュール管理、CRM、SAF など出来そうな気がする。
ただ、本当に独立系の SaaS を目指すベンダーにとっては、困った事ですね。SaaS ではなく、これはシェアード・サービスセンターと呼んでしまいたいですね。定義の中に、連結経営会社以外のマルチテナンシーを持つとか、入れちゃいます?

> Sun を BEA に変えれば、ついこの前、話題になったことだ (まだ、続いているのだろうか?)。


昨年10月のBEA買収提案は、BEAサイドの反対によって期限切れになってます。


http://www.oracle.com/corporate/press/2007_oct/bea-offer-expires.html
http://www.oracle.com/bea/


> まあ、Oracle が Sun をいま買っても、何の益もないので、上のタイトル「Oracle が Sun を買収する」は、半分ジョークだ。


まずないでしょうが、もし実現したらそのときはよろしくです :-)


> 1年半ほど前、Oracle と Sun がシリコンバレーで、合同社内ミーティングを大々的にやったときに、スコット・マクニリがラリー・エリソンに、開口一番、「いつ、Sun を買うつもりだい?」とジョークを飛ばしたのでした。


このイベントでしょうか? sun.comのページかどこかで動画を見たような気がしないでもないんですが、今見たら見当たらないなぁ…。


http://www.sun.com/aboutsun/media/presskits/oraclepromotion/
http://d.hatena.ne.jp/satonaoki/20060115/p1

> Oracle が Sun を買収する
オラクルは、エンタープライズITに関わるソフトウェアレイヤーを全てやろうとしているようなので、そのうちハードとソフトで強みを持つSunを買収というのは実現性はともかく筋としてはありえるかもしれませんね。
でも、NCで失敗してハードウェアをやるのは駄目という刷り込みがされている気がします。
>4.SaaS は日本では苦戦する
Salesforce.comの勢いは続いているようですし、一時期ユーザーとして使っていて便利でしたから、日本で苦戦というほどは苦戦して無いと感じてます。まあ、NetSuiteのように会計とかいうローカル性が高い領域までやろうとすると、北米の会社が苦労するかもですが、日本ローカルの会計ベンダーのどこかがSaaS中心にシフトしても不思議ではありません。また、考えようによってはTKCとか経理代行(記帳代行)の株式会社バックオフィスとかこそがより進んだSaaSベンダーかもしれません。

さとうなおきさん、坂本英樹さん、コメントありがとうございます。
Oracle が Sun を買収するか否か、ということが、あるともいえずないともいえないのが、これから4−5年間のIT業界の不確定要素のいったんだと思います。このサイズの大きさの企業同士が合併するとするなら、たとえばより大きい IBM と HP の動きが重要になります。Oracle がハードウェアを必要と考えるかどうか、Java の知的所有権に魅力を感じるか、だと思います。でも誰かが動いて連鎖反応で別の動きが発生する、といった可能性は十分あると思います。
 
SaaS の場合、CRM 導入といった新規のプロジェクトやメール・オフィスツールといった場合は障壁が比較的低く、坂本さんご指摘の会計やオーダー処理などはネガティブになる可能性があると思います。思い切ってジャンプインしてくれる、聡明な企業が多ければ、日本の IT も捨てたもんじゃない、ということになるかも知れません。

とおるさん、それにしても、かつてオラクルがアップルを買う可能性があったわけでして先は分からないですよね。いずれにしろヤマゲンさんはアップルに行かれる運命だったのかもですが。
とおるさんの記事とノークリサーチの発表に触発されてエントリーを書いたので、よければご覧ください。

そして、何だかんだいって、SalesforceとNetSuiteは応援しています。Salesforceは使って便利だったし、NetSuiteは理念と設計は正しいので。

坂本さん、コメントありがとうございます。
 
ブログ、読ませていただきました。今度、飲みましょう?!

コメントを投稿する