ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

私の英語上達方法 その1

»

お役に立つかはわかりませんが、私も英語は上達したいなと思っていますし、すこしは上達しているのではないか、と自負しているので、私がどんなことをしているかを、かい摘んで投稿します。その1と書いていますが、気が向いたらその2を書いても良いかな、と思う程度なので、今回きりでもご勘弁を。

英語上達で重要な点は、「読む」「書く」「聞く」「話す」をバランスよく行うことだと思います。これに尽きるでしょう。

とはいっても、それぞれどうしたら良いか。私の場合は仕事で英語を「読む」「書く」「聞く」「話す」が必須なので、仕事がすぐに勉強につながっています。そこで、それ以外にどうしているか、を書きたいと思います。

  1. 「読む」 。。。。。 当然の事ですが、英語の本を読む、につきます。最初は当然難しい本でなくとも良いですね。お勧めはヘミングウェイの「老人と海」。ヘミングウェイの英語の表現は、ナイフで削り取ったようにシャープで、読みやすいです。私はアガサ・クリスティの「エルキュール・ポアロ」のシリーズはほぼ全部読んでいますが、「ポアロ」で困るのは、フランス語が所々出てくるところです。こういったところは、すっ飛ばす、がポイントですね。
  2. 「書く」「話す」 。。。。。 私の場合、これが仕事ですので、特に何もしてません。普通のお仕事の方なら、やはり英会話スクールに行くことだと思います。ただし、3年ぐらいは続けないと。うちのかみさんは、かなり長年通いましたので、海外に行っても買い物ぐらいはひとりでできます。
  3. 「聞く」 。。。。。 聞く能力を本当に身につけたいなら、DVDなどで映画を見ることをお勧めします。ただし、とにかくガンを撃ち合うだけだったり、「Fxck you」とかのせりふばかりだと身につけても困るので、前回私のブログに書いた「ハリー・ポッター」など、あまりひどい言葉を使わない映画が良いと思います。

映画を見るにしても、日本語の吹き替えはだめですよ、あたりまえですが。字幕は出していても良いと思います。極力英語に集中することでしょうね。そして、表現を覚える。

スター・トレック・ネクスト・ジェネレーションの映画版で、データがボーグの女王みたいなのに、「あなた、経験はあるの?」と迫られた時に、データが「If you are refering to sexuality, I am quite functional.」とおどおど言う場面があるのですが、これで「refer to」の使い方を覚えています。

それだけ覚えるには、何度も何度も同じ映画をみないといけませんけれどね。

あと、英語を「話せる」「聞ける」ようになる一番のキーポイントは、「正しい発音を覚える、話す」、ことだと思います。いくら文法的に正しく話せても、発音が悪いと通じません。カタカナ発音はいますぐやめて、練習しましょう。映画を見ながら、発音を真似るというのも良いと思います。

あとは、英語の歌を歌う。ビートルズやサイモン&ガーファンクルなんかは良い発音練習用の曲ですけど、もう古いからなあ。ヒップホップとかはだめですよ。最近だとイギリスのEditorsかなあ。UKロック系が嫌いな人はだめだね。

と、話も尽きないので、また、そのうちに。あぁ、もうひとつ。ロシア語通訳で、昨年お亡くなりになった米原万理さんが、英語以外の言葉を習いなさい、言葉を習うことはその国の文化や人を知ることです、と書かれていました。私もそう思っています。私、見かけはまるっきり中国人なので、福建語でも習おうかなぁ。。。。

Comment(2)

コメント

akaky

役に立つ話,ありがとうございます。
特に,第2外国語をちょっと(ほんとうにほんのちょっとでも)かじると,意外と視界が啓けてきます。

なんかこう,言語を相対化できる,というか・・・
うまく言えませんけど。

効果は大ありだと思います。NHKのフランス語講座やっててそういう感想を持ったことを思い出しました。

akakyさん、コメントありがとうございます。
 
役に立つなんて m(_ _)m 滅相もございません。ただ、私の周りでも文法は正しいけど、発音が不明瞭、ないしは、カタカナ読みで、よく通じないんじゃないかな、と思われる英語を話す人が多く、もっとこうすればいいのにと思うことがありまして。
 
フランス語なら、話せたらうれしいでしょうね。私は昔ネイティブハワイアンの言葉を習おうとしましたが、辞書と教科書だけでは覚えられず、「アロハ~」になってしまいました。やはり、生で聞く、話すことが言語学習の基本なのでしょうね。

コメントを投稿する