ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

リスク回避とTake risk

»

弊社のCEOのジョナサン・シュワルツが社員に向けての発言の中で 「Take Risk」 という言葉を良く使います。

 

Sun101a6371600x1200







 

 

 

日本ではよく「リスクを回避する」といいますが、「Take Risk」と「リスク回避」の間には大きな差があるように思えます。

 

ジョナサンが「Take Risk」に続いて言うのは、リスクを見極めて判断し、慎重に進めよう、です。ですので、リスクを排除したり、リスクがあるのであればやめる、のではなく、リスクがあることを承知の上で実行すると言うことでしょう。SPACE ALC で調べたら、Take Riskは「危険を冒す、リスクを負う」でした。

 

逆にリスク回避は「Risk Averse」と言いますが、英語では「Risk Averse Arttitute(危険回避的態度)」など、必ずしもリスク回避は良い意味ではないニュアンスがあります。リスクというものは必ず存在するので、米国では、リスクをいちいち回避したり、リスクを恐れて実行しないのは、リスクのために失敗するより評価されないように思えます。英語では、ベンチャービジネスをリスクビジネスと呼んだりするようですね。

 

日本で「リスクがあります」と言うと、問題があるのでよろしくない、というニュアンスになり、リスクはうまく回避して、全会一致で決まったことを、波風立たぬよう、粛々と進めるのが理想的な進めかたなのでしょうか。うまくいくなら、それでも良いと思います。ただ、リスクは必ず存在するので、そのリスクはどうするのか、でしょうね。

 

どちらが良いかということではないですが、「Take Risk」という代替案もあるのだな、と覚えておきたいし、私個人は「Take Risk」で行きたいと思っています。

Comment(2)

コメント

ねこまっしぐら

日本で言うリスク回避というのは、
本来の「リスクを回避する」という意味とは少しずれた形で使われている場合がないでしょうか。
「一つのゴールに向かうのにA、Bの2通りある。
 Aは危険で険しいが最短距離、Bは多少遠いが安全。
 どちらの道を選ぶか?」
本来のリスク回避という意味では、Bを選ぶのでしょうけど、日本でリスク回避といった時に、「Aを選ぶが、険しい道を安全に通る為の装備を充実させる」というのもリスク回避と表現されていないでしょうか?
そういう風に捕らえた時、「TakeRisk」(リスクを背負う)事を必ずしも日本が避けているとはいえないのかなと思う次第です。

とおる

なるほど。リスクから「逃げる」のではなく、「リスク(に伴う危険を事前に防ぐことにより、問題になったり頓挫することを)回避」する、ということでしょうか。
 
私個人がリスクから逃げているのでは、と思うときもあり、妥協してる自分がなんか嫌だな、とも思うので、ジョナサンの言葉に感じるところがあったのだと思います。サンの社内だって、「Take Risk」しない人がいたりするので、ジョナサンはあえて「Take Risk」といってるのでしょうね。

コメントを投稿する