オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

RPA海外動向 > 第12回 UiPathの将来と目指すべきビジョン

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「RPA海外動向 > 第12回 UiPathの将来と目指すべきビジョン」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

こんにちは。野田貴子です。UiPath社関連のコラムを意訳してご紹介します。興味がある方はご覧ください。

このコラムを掲載いただいているCTC教育サービスではUiPath研修を行っています。興味がある方は以下のページもご覧ください。 https://www.school.ctc-g.co.jp/rpa/

私たちUiPathの取り組みは、ルーマニアにあるアパートの一室でたった10人のメンバーからスタートしました。それが今では30カ国以上で事業を展開する多国籍企業に成長し、UiPathの役割と、世界にインパクトを与えるビジョンを確信できるようになりました。現在、私たちはお客様と社会全体の現状を変え、より明るい未来を創造することを目指しています。私たちは短〜中期的なビジネスゴールと、より長期的な社会的目標の両方を意識しながら、自動化によって何ができるのか、そしてテクノロジーをどのように利用するのかという重要なトピックの最前線に立つことを目指しています。

当社の強い価値観、そして何よりも謙虚さという基盤がこの1年を導き、目の前に広がる困難な現実により敏感に対応することができました。これは私たちの社会にとっても、UiPathにとっても決定的な時期となりました。私たちはインスピレーションのブランドであることを目指しています。私たちは人間の能力を最大限に引き出す自動化のトランスフォーメーションパワーと、世界に最高のものをもたらす人間の可能性を信じています。最終的に、私たちのすべての活動は、人間の成果を加速し人間の無限の可能性を解放するという、より大きな目的に基づいています

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/noda4/noda412.html

Comment(0)