オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

RPA海外動向 > 第10回 UiPath Liveの『The Fully Automated Enterprise™』にて得られた4つのキーポイント(CTC教育サービス)

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「RPA海外動向 > 第10回 UiPath Liveの『The Fully Automated Enterprise™』にて得られた4つのキーポイント」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

こんにちは。野田貴子です。UiPath社関連のコラムを意訳してご紹介します。興味がある方はご覧ください。

このコラムを掲載いただいているCTC教育サービスではUiPath研修を行っています。興味がある方は以下のページもご覧ください。 https://www.school.ctc-g.co.jp/rpa/

image

私たちが成長できるのは、カスタマーのみなさまのおかげです。

私たちは、多くのカスタマーの方々と自動化プログラムの進捗について話をし、自動化が何を意味し、何になりうるのかについて多くのことを学びました。これらの学びは、The Fully Automated Enterprise™に集約されています。これは、人間とソフトウェアロボットの完璧なバランスを見つける作業におけるカスタマーの学びをまとめた、モデルとなっています。

先日行われたブロードキャストのイベントであるUiPath Live: UiPath Live: The Fully Automated Enterprise™では、完全に自動化された企業が実際にどのようなものであるか、また、他の企業がその成功をどのように模倣できるかについて、改めてカスタマーに尋ねました。私たちのゲストは、自動化の変革の可能性(一部の企業が実現している可能性と、まだ利用されていない可能性の両方)について語ってくれました。

UiPath Liveに参加できなかった方もご安心ください。この記事では、このイベントで得られた4つのエキサイティングなキーポイントをみなさんにご紹介します。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/noda4/noda410.html

Comment(0)