オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

RPA海外動向 > 第3回 RPAがレガシーなシステムを統合するための理想的なテクノロジーである理由

»

私が編集支援している野田貴子氏のCTC教育サービスコラム「RPA海外動向 > 第3回 RPAがレガシーなシステムを統合するための理想的なテクノロジーである理由」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

ロボットによる業務自動化(RPA)は一時しのぎのソリューションであると説明している人をみなさんも見たことがあるかもしれません。このようなタイプの人はかつて、ユーザーインターフェイス(UI)の統合は脆く、基礎となるアプリケーションの単なる見た目の部分が気まぐれに変更されただけで影響を受けてしまうと考えていました。

この主張には少しだけ正しい部分がありましたが、状況は急速に変化しています。

今日、UiPathプラットフォームやテクノロジーは数ヶ月前よりも進化しています。UIは、従来の画面スクラッピング技術だけに頼っているわけではありません。今の私たちは、コンピュータビジョンを使ってソフトウェアロボットが画面に表示された情報をより確実に理解できるようにするなど、より洗練された技術を使用しています。また、ロボットはマイナーな変更の影響を受けにくくなっています。

しかし、統合へのアプローチは連続体で、二者択一の状況ではないため、他の統合アプローチと比較して評価していく必要があります。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/noda4/noda403.html

Comment(0)