オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

RPA海外動向 > 第1回 プロセスを迅速改善する、UiPath Process MiningとAction Centerの組み合わせ

»

私が編集支援している野田貴子氏によるRPA海外動向コラム第1回 プロセスを迅速改善する、UiPath Process MiningとAction Centerの組み合わせ がCTC教育サービスで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

こんにちは。野田貴子です。今回からUiPath社関連のコラムを意訳してご紹介します。興味がある方はご覧ください

人は好きなように計画を立てることができますが、思い通りに進まないこともあります。特に、さまざまなことが制御不能になっている最近の状況では、順応できるようになるまでは長い道のりです。今年の初めに作成した計画は上手くいっていないかもしれませんが、起こりうる事態について熟考したり、軌道修正して新しい目標を設定したりしているでしょうか?

このような状況の中にも関わらず、この半年間で成功したビジネスを見てみると、いくつかの共通のテーマが見られます。それは、順応性(adaptability)、俊敏性(agility)、正確性(accuracy)です。特にプロセス界隈ではこれが顕著です。急増する需要をさばく必要があった配送会社や食料品店を例に見てみましょう。彼らが経済的に成功するためには、ほとんど前触れなく、順応し、俊敏になり、完璧に実行する必要がありました。彼らのプロセスにスポットを当てる必要がありましょう。いつものように、テクノロジーとデータが大きな役割を果たしています。

俊敏性を高めるために努力している企業では次のことを考えるべきです。

既存のデータを活用して最善の行動方針を決定するにはどうすればよいのか?
プロセスを変化に強いものにするにはどうすればよいのか?

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/noda4/noda401.html

Comment(0)