オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第73回 VPCネットワークを支える仮想ネットワーク基盤:Andromeda(パート1)

»

私が編集支援しているCTC教育サービス・コラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第73回 VPCネットワークを支える仮想ネットワーク基盤:Andromeda(パート1)」が公開されました。

###

はじめに

 今回からは、2018年に公開された論文「Andromeda: Performance, Isolation, and Velocity at Scale in Cloud Network Virtualization」を元にして、Google Cloud Platform(GCP)のVirtual Private Cloud(VPC)ネットワークを支える仮想ネットワーク基盤を紹介していきます。
 GCPのネットワーク開発チームでは、「Andromeda」と呼ばれるこの仮想ネットワーク基盤を5年以上にわたって開発してきました。今回は、Andromedaの基本的な設計ポリシーを紹介したいと思います。

Andromedaのハイブリッド・アーキテクチャー

 仮想マシンが稼働する物理ホスト上に仮想ネットワークを構成する方法の一つに、OpenFlowに対応したソフトウェアスイッチであるOpen vSwitchを利用した実装があります。Andromedaでは、独自にカスタマイズしたOpen vSwitchを用いて、「Hoverboard Model」と呼ばれる独自のアーキテクチャーを実装しています。これは、ネットワークフローごとに次の3種類のパスを使い分けるというもので、低レイテンシーが要求されるフローは可能な限りFast Pathで処理する一方、重要度の低いフローはHoverboard(外部のソフトウェアスイッチ)に転送することで、物理ホストの負荷を下げるという仕組みになります。
Fast Path:OpenFlowのフローテーブルによって、対向の物理ホストへ直接にパケットを転送(物理ホスト上で専用に予約されたCPUコアによって、Linuxカーネルをバイパスして高速に実行)
Guest VM Coprocessor:CPU時間を必要とする複雑な処理をFast Pathからオフロードして実行(物理ホスト上の専用のスレッドで実行)
Hoverboard:外部のソフトウェアスイッチであるHoverboardにパケットを転送してルーティングを実施
 それぞれの詳細については、次回以降に説明することにして、まずは、このようなアーキテクチャーを採用した背景をまとめておきましょう。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai273.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する