オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

労働時間規制により、良い業者を捕まえられない会社が業績を伸ばしにくくなった件

»

私のコラムがディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。

--
30年前は不夜城と呼ばれる大手企業が多く、徹夜上等で鬼人のごとく働く方も多かったように思えます。モーレツサラリーマンが大活躍し、頭脳明晰でパワフルなサラリーマン戦士が夜も休日も働いで、日本の高度成長期を支えた時代がありました。その後時代が変わり、規定以上の残業を行いにくくなりました。私も当時の課長に厳しく鍛えられた口ですが、今そのようなことをやってしまうと、すぐに罰せられてしまいます。タフに長時間働けなくなった今ですが、業績目標は右肩上がりだったりします。労働時間に限界があって、社員を厳しく鍛えることができなくなっているため、業績目標を達成するには以下の方法が有効です。

1)ツールを使って高い技術を持っていない社員でも効率的に業績を上げられる仕組みを作る
2)外注できるところは外注して、労働力を購入して、業績を改善させられる

この両方を実現する方法として今はやっているのが、アウトソーシングを業務に組み込む方法です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2019/12/27/azure%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0-4/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する