オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

AI全文分析により神の領域に達したGoogleにはコンテンツ磨くのが一番。(表示速度とかは外注した方が結局お得)

»

私のコラム「AI全文分析により神の領域に達したGoogleにはコンテンツ磨くのが一番。(表示速度とかは外注した方が結局お得)」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

--
GoogleがAI全文分析を採用したことで、コンテンツの意味を理解して、検索順位を決めるようになりました。

かなり大昔の時代に、非リンク数やヒットしたキーワードの数で検索順位を決めていたことがありました。技術が進化して、そのような間接的な情報では無く、文書つの意味や表示スピードや画像なども含めて、人間の目で見た総合的な判断で検索順位を決めるようになりました。

大昔は非リンク数もキーワード数も文章量も多ければ多いほどヒットしやすく、結果的に検索順位が上がりやすい時代がありました。今の時代は、キーワードやコンテンツトピックの内容に最適な量で作る必要があります。

Googleはモバイルファーストを宣言してるので、スマホで見て見やすいかわかりやすいかが重要です。その観点で言えば、小さな画面でも見やすいかどうか、モバイル回線でもサクサク動くか、得られるものがあるかどうかが大事です。スマホで閲覧した観点での最適さが必要です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3528

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する