オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

第10回中国オープンソースハッカソンの要約 ~プロジェクトや講演などについて~

»

私が編集支援している野田貴子氏のコラム最新号が鈴与シンワートで公開されました。

「第10回中国オープンソースハッカソンの要約 ~プロジェクトや講演などについて~」
興味がある方はご覧ください。
--
今週、北京で第10回中国オープンソースハッカソンが開催されました。2015年の初開催以来、中国オープンソースハッカソンは10回開催され、今週のイベントではOpenStack、Kata Containers、StarlingXが取り上げられました。今週は北京で大雪が降りましたが、このハッカソンに対する開発者の熱意は冷めませんでした。細かい話はさておき、スーパーユーザーはみなさんが見逃したかもしれない活動をまとめました。

■Kata Containers:

このハッカソンでは、Ant FinancialとAlibabaの5人の開発者が、今後の2.0開発サイクルの2つの重要な機能を実証しました。その中で、Tao PengとEryu Guanは、彼らが設計したNydusという名前のミラーリングシステムのデモを行いました。Nydusは、OCIミラーリングコミュニティの将来の進化方向を結び付けてOCIアーティファクトとvirtio-fsの新しい開発を使用し、分離、プル速度、メモリ効率などを考慮して、Kata 2.0のミラーリング設計のリファレンスを提供しています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/openstack37/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する