オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Python試験が全IT系資格のランキングで3位になりました。これからAI、インフラエンジニアになるうえで、押さえたい技術になりました。

»

私のコラム「Python試験が全IT系資格のランキングで3位になりました。これからAI、インフラエンジニアになるうえで、押さえたい技術になりました。」が京セラグループのKCCSキャリアテックで掲載されました。

興味がある方はご覧ください。

###
私は仲間とPython試験を立ち上げ、運営しているのですが、そのPython試験が日経XTECH調査 「今、どの資格を取るべきか」調査でPython3エンジニア認定試験が3位に選ばれました。民間試験ではAWS試験に次ぐ2位で、国家試験を含めても3位という快挙だったと思います。

Python試験は試験を始めて2年と少しであり、国家試験のような権威もなければ、ベンダー試験のようにパートナーになるために必要な資格でもありません。純粋に問題と運営が良いので、ご評価を頂けたのではないかと思っています。

そして、もちろん、今後時代の中心的な技術として普及していくといわれているAI、機械学習、インフラ系の各種ツールでも標準的にPythonが使われているので、Python試験も人気があるというのもあります。

実際に日経XTECH調査 「今、どの資格を取るべきか」調査には、時代の新旧交代、次の時代の象徴的なAWSとPythonの資格が上昇したと書かれており、Python試験の将来の明るさが示されたような気持になりました。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.kcct.co.jp/careetec/column/2019/yoshimasa/Python-ranking.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する