オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

オムロン ヘルスケア|【書籍紹介】恥ずかしがらずに便の話をしよう

»

私が編集支援している平岡麻奈氏のオムロン ヘルスケア【書籍紹介コラム】「恥ずかしがらずに便の話をしよう」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

日常の中に溶け込む習慣には、未来を見据えた習慣もあるけれど、その場しのぎの悪い習慣も存在する。例えば腰痛に悩まされた時に痛み止めを飲む人は、痛くなれば薬を飲む習慣がある。ドラッグストアに行けばあらゆる薬が並び、薬に頼りがちになってはいけないという考え方よりも、この薬の中でどれが効くのだろう?と悩む。腰痛や肩こり、便秘。誰しもが身体の不調として経験したことがあるのではないだろうか。不調の度合いは様々であるが、身近な人も悩んでいるからこそ、自分の症状が深刻であったとしても、あまり深く捉えていないかもしれない。

日々働く体と共に生きていれば、あらゆる不調に出くわす。今回は『便秘』に重点を置いた書籍を紹介する。腸内環境の乱れこそ、体のあらゆる不調の原因になりうるけれど、私達は表立って『便秘』の話をしない。悩んでいる人が多いことは、色々な市販の薬が販売されていることで予想はつく。私こそ、『便秘』に常々悩んでいるものの1人であるが、病院に行ってまで診てもらうことに関しては積極的になれない。どうしてこれほどまでに人に相談出来ない悩みなのだろうか。本書では、排便の行為が「汚い」「臭い」「恥ずかしい」というネガテイブな情報ばかり先行してしまっていることが原因とされる。また現在では、児童が学校で排便を「恥ずかしく」思い、我慢しているケースも多いとされる。子供の頃から『便秘』の原因を作ってしまっている現状を理解し、人間にとって必ず必要な行為に対して、深く知ることが出来る1冊だ。

(興味がある方はご覧ください)

https://datahealthcare.omron.co.jp/series/hiraoka201910

hiraoka201910.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する