オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

韓国は同盟国かもしれないが友好国ではないと思う件

»

韓国はお隣さんで、以前は韓国の会社のアドバイザーをした経験もあり、友人もいます。

韓国に飛び込みで営業に行った時も暖かく迎えていただき、契約にも至りました。

韓国も小さな国ではなく5千万人の人が暮らしていますので、いろいろな人がいるということだと思うのですが、友好的な人もいれば反日デモで秋田犬の生首に刀を差して、デモ隊の前に並べて刀を振りかざすような人もいます。

ただ、多くの日本人は「韓国政府は反日的だ」と思っていると思います。

一方で同盟国という話も聞きます。軍事同盟を結んでいるから同盟国ということなのだと思います。

韓国人でいい人たちがいて、同盟国なので、友好国と勘違いしてしまう人が多いと思うのですが、いかがでしょうか?

私は最近、友好国ではないと思い始めています。(遅すぎるかwww)

日本も全世界から好かれているわけではありません。好きな人も嫌いな人も無関心の人もいると思います。

韓国もそうではありますが、他の国と大きな違いがあります。それが政府や国の教育として反日を推進しているところです。

このような国を友好国と思ってはいけません。

韓国にいい人がいてもその韓国の人たちに選ばれたのが歴代の政府なのです。そして歴代政府が反日を掲げているのです。

このような状況では同盟国であってはいけないと思います。政府として反日を推進する国と同盟が成立するはずもありません。

その他、優遇していることがいろいろあると思います。それらも不要です。

彼らは「優遇してもらうと感謝を感じず、自分たちが強いから優遇された」と思うのが文化です。

日本人は優遇してもらうと恩を感じ感謝し、お礼をしたいと思う民族です。根本的な感覚が違うのです。

客観的に考えても人口5千万人しかいない反日を政府が掲げる韓国に投資し、支援するよりも人口が多い東南アジアの親日の国に投資をしたほうがはるかにメリットが多く、さらに感謝されます。東南アジアでも日本は戦争をしてしまった国です。今でも日本に対していろいろ思う人はいると思います。許してくれているかどうかもわかりません。しかしながら、紙幣に日本国旗がかかれ、感謝を表している国もあります。調査データを見ても親日の割合が多いです。(反日が多い国は中国と韓国だけです。興味がある方は調べてみてください)

ロケーションが近いから韓国でというのはもうやめませんか?

お隣さんなので、喧嘩する必要もないですが、顔を合わせれば挨拶する程度で、親密になるのは得策でないように思えます。

ITが進化している現在ですので、遠く離れても仕事はできます。これからは親日の国と親密になり、とも発展していくのが良いと思うのです。

皆さん、いかがでしょうか?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する