オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「PHPの最新状況:PHP 7.4の開発状況」(廣川類氏)

»

私が編集支援しているPHPの重鎮、廣川類さんのコラムがプライム・ストラテジーで公開されました。興味がある方はご覧ください。

「PHPの最新状況:PHP 7.4の開発状況」

###
こんにちは、2019年は早くも半分が過ぎ、後半となりました。PHPの開発は、2019年末をターゲットとするPHP 7.4の開発がいよいよ佳境を迎えています。更に、次のメジャーバージョンアップにあたるPHP 8の開発も進められています。今回のコラムでは、PHP 7.4の新機能を始めとする開発状況などを紹介します。

■PHP 8へのJIT採用が決定

PHP7の次のメジャーバージョンアップとしてPHP 8の開発が行われています。リリース自体はまだ先になりそうですが、重要な機能として以前から提案されていたJIT (Just-In-Time)機能の採用が3月に行われた投票により決定しました。なお、同時に提案されていたPHP 7.4へのJITの実験的採用は否決されています。詳細は、JITに関する提案を参照ください。

 JIT機能のメリットは、PHPスクリプトの実行速度の大幅な高速化です。以前より、Facebookが開発するHHVMエンジンでもJIT機能が採用され、大幅な高速化が実現されています。PHP自体での採用は以前から議論されていましたが、PHP 7の開発においては、主にスクリプトエンジンの最適化により大幅な高速化が実現され、JITの採用は見送られています。今回、PHP8でJIT機能がいよいよ採用となった背景には、すでにJIT機能の採用以外では大幅な性能向上が難しくなっているということと、JIT機能を採用しても現状の実行環境との互換性を十分に確保できるという判断があったものと考えられます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3179

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する