オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Ruby on Rails 海外事情コラム > 第44回 大きなRailsコミュニティの今と今後

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「Ruby on Rails 海外事情コラム > 第44回 大きなRailsコミュニティの今と今後」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

国内外には企業に就職しつつ、Ruby on RailsなどのOSSへフルコミットを続ける方々が存在しますよね。その中の1名がRailsプロジェクトから抜けることになったというご自身の報告ブログを読みました。
『Railsから離れ、次に何をするか』
Moving on from Rails and what's next
この方はこの6年間で1500件近いコミットをされたのだそうです! その過程で別のプロジェクトや組織を立ち上げ、今後はそちらに注力していかれるとのことです。日々Railsを開発し続けている方々の一面を覗くことができました。
さて、去る人もいれば来る人もいる(そして後者の方が格段に多い)この大きなRailsコミュニティですが、次の記事も注目を浴びていました。
『2019年の現状にRailsが未だ適切であると私が信じる理由』
Why I Believe Rails is Still Relevant in 2019

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans44.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する