オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「日本のプログラマーがミャンマーに移住して起業したら成功すると思いますか?」

»

私の連載コラムが公開されました。ミャンマーの若くて奇麗な経営者にIT事情をインタビューしてみました。ミャンマーで流行っているのはPHPだそうです。興味がある方はご覧ください。

###

IT業界の観点から言うと、ミャンマーはオフショア先の国としての印象が強いでしょう。ミャンマーの国民性は温厚で勤勉だと言われています。また、公用語であるビルマ語は日本語と構造が似ていることから、日本語を習得しやすいそうです。そして、人件費がまだ安いことから、日本のIT企業のオフショア先として注目を集めています。

しかし、このオフショアも長くは続かないでしょう。昔は日本のIT企業のオフショア先が中国でしたが、人件費の高騰により、今はオフショア先として下火になっています。オフショアビジネスは発展すれば発展するほど、相手先の国の経済が発展し、人件費の高騰、オフショア先としての終息というサイクルをたどります。もう数年もすれば、ミャンマーは日本のオフショア先として見られなくなるはずです。

(この続きは以下をご覧ください)
http://u0u1.net/ZMW3

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する