オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「つないで、どうするの?」 ~IoTの話~(鈴木良介氏)

»

私が編集支援しているオムロン ヘルスケアで連載されている鈴木良介氏コラム「つないで、どうするの?」 ~IoTの話~が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

IoT(Internet of Things)への注目が高まっている。

通信コストが安くなる中で自社の製品がネットワークに接続されれば、さまざまな商機が得られるのではないか、という考え方だ。確かに「製品は作っているけれども、それがお客様によってどのように使われているのかはわからない」という多くの事業者にとってみれば、使われ方が把握できるようになるというのは興味深い話だろう。

しかし、興味深さだけで多額の投資をすることはできない。そこでよく出てくる一言が、「つないで、で、どうすんの?」である。見える化して面白がっているだけでは金にならない。経済的効用を得るためにはどうしたら良いのか。

「つないで、で、どうすんの?」に対する答えの一つは「複数のモノを群として管理できるようになる」だ。これまで一つ一つ独立であった「モノ」が、ネットワーク接続されることによって群として管理できるようになる。そうすると一つ一つを個別に管理するよりもさらに効率的な管理を行うことが可能になる。

(この続きは以下をご覧ください)
https://datahealthcare.omron.co.jp/series/suzuki201906

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する