オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

オムロン ヘルスケア連載「健康経営のための社内コミュニティを」

»

私のコラムがオムロン ヘルスケアさんで公開されました。

「健康経営のための社内コミュニティを」

健康経営を進めている優良企業は多い。誤解のないように話しておくと、健康経営はフィットネスクラブと提携することや会社にジムを設置することでもなく、健全に経営することでもない。

健康経営(けんこうけいえい)とは、従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法のことである。(Wikipediaより)

極端な話をすれば、社員の大半が不健康であれば業績は下降していくだろうし、退社も増えるだろう。そんな会社に入社しようとする人も減っていくので会社は確実に衰退していく。極端な話と言ったが社員の大半が不健康なITは割とある。ハードなIT業界でなくてもハードワーカーはトップアスリート並みの栄養補給と健康メンテナンスが前提である。いつまでも健康でバリバリ働いてほしいものである。仕事の失敗は取り戻せても健康は取り戻せないことがある。

(この続きは以下をご覧ください)
https://datahealthcare.omron.co.jp/series/yoshimasa06

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する