オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

SEX未経験者25%(男女18歳〜39歳)の時代に思うこと。AIによりますますSEX離れが進むはず。

»

ニュースソースは日経新聞。1万人の調査結果だそうだ。この記事を見てSEXしないのは変だとか、SEXしようぜ!とも言わない。そんなのは大きなお世話で、個人の自由だからだ。やりたい奴がやれば良いと思う。

※ニュースソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43460320Y9A400C1CR0000/

ただ、このニュースには興味深いことが書かれていた。

未経験者は年収300万円以下に多く見られる傾向だそうだ。
日本のサラリーマンの平均年収は500万円弱なので、それよりもかなり少ない。

アルバイトで時給千円で一日10時間働いて一日1万円、一ヶ月二十日働いて月20万円。年収240万円という感じか。

税金を引いて家賃光熱費などを引いていくとデート代も出ない感じだ。それでは彼氏彼女も作りにくい。

物価が安いところに行けば良いのだが、仕事が少なくなったり、通勤時間が犠牲になる。

ここを改善すれば少子化にも歯止めがかかるかもしれない。しかし、この収入格差はますます拡がる。AIとロボットにより、ある程度単価がある中間労働は減少していくからだ。ロボットやA I投入では足が出てしまう超低賃金労働が残る。そしてここの労働経験者は上位の仕事にはつくことが難しい。なぜなら上位はいきなりロボットやA Iの上のハイレベル労働になってしまいギャップが大きいからだ。

AIやロボットが衰退していくことは考えにくい。AIやロボットが全ての仕事を奪っていくとも思わない。ただ、単価が同じで成果が同じであるならば、正確かつ疲れないAIやロボットに軍配が上がる。人間の仕事はAIやロボットを使うハイエンド系とAIやロボットでは単価が合わないローエンド系に二分されていくはずだ。つまり、これにより貧富の差はますます広がる。

一方で二人の子供の親として思うのが学力はある程度お金で何とかなる。

学力が良ければ良い大学に行き、良い環境を経由した、良いポジションでスタートしていくので、レアケースはあるとしてもその子も成功しやすい。

こう書くと、陳腐な学歴社会のことを言っているように聞こえるが、学歴社会は終わった。但し、終わったのは、中身がダメなのに学歴だけで良い会社に入社して出世していくような学歴がパスポートのような学歴社会が終わっただけで、良い環境で学べば、その学んだ内容もコネもやはり有利なのは今も変わらない。低学歴で成功する人もいるが、やはり、上位は高学歴のほうが多い。あくまで総じてどうかという話だ。

ということで、AIにより貧富の差が広がり、貧困層でますますSEX離れが進んでいくのではないか。

これを打開するにはどうするか。基本的には個人の努力になってしまうが、うまくやる方法を赤裸々に示していくべきだと私は思う。

やり方がわかれば、貧困層から上層部にのし上がっていく人が増えるはずだ。今の時代は昔と比べて低コストでビジネスを始められる。やり方を示すことで起業する人も増え、成功者も増えると信じている。

※アルバイトの時給計算で単純な計算ミスをしてました。ご指摘いただいた方ありがとうございました。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する