オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ISDNダイヤルアップ接続による拠点間接続を、フレッツを使ってマイグレーションしてみよう(津村彰氏)

»

私が編集支援している津村彰氏のコラム「ISDNダイヤルアップ接続による拠点間接続を、フレッツを使ってマイグレーションしてみよう」がSCSKで公開されました。

レッツフレッツ!(爆)ということで興味がある方はご覧ください。

###

いよいよ、ISDNマイグレーションの季節になりました。
前回に引き続き、ISDNマイグレーションについて、既存のISDN回線で構築された環境を、フレッツVPNワイドとヤマハルーターを用いて移行する例をご紹介します。

■ 端末型ダイヤルアップ接続を移行してみよう
今回は、ISDN回線のダイヤルアップ接続により構築されたネットワークを、NTT東西が提供する安価な閉域ネットワーク「フレッツVPN・ワイド」に移行する例をご紹介したいと思います。

■ 「端末型ダイヤルアップ接続」とは?
ISDN回線を用いた、通常のダイヤルアップ接続(PPP)の事を指します。
ここでは、センタールーターにダイヤルアップ接続する例を、フレッツ・VPNワイドをベースとした回線に移行したいと思います。

■ センタールーターの設定例
RAS(リモートアクセスサーバー)の事を、ヤマハ ルーターでは「ダイヤルアップサーバー」と呼びます。
端末となるルーターからは、通常のインターネットへのダイヤルアップ接続と同等の設定で、接続が可能です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://router-switch-jirei.jp/archives/1824

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する