オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Ruby on Rails 海外事情コラム > 第40回 Railsで機密情報を保護するために

»

私が編集支援している野田貴子氏のCTC教育サービスコラム「Ruby on Rails 海外事情コラム」第40回「Railsで機密情報を保護するために」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###
残念なことに、2018年も情報漏洩のニュースは枚挙にいとまがありませんでしたね。今回は、機密情報をRuby on Railsで保護する方法をまとめたブログをご紹介します。元のページではコードの書き方など詳しい方法が載っていますが、文字数の都合上、こちらでは簡単な紹介にとどめました。詳しい方法についてはぜひリンク先をたどってください。
Securing Sensitive Data in Rails
https://ankane.org/sensitive-data-rails
毎週のように情報漏洩のニュースを見かけている気がします。もしみなさんがまだ機密情報の格納方法を見直していないならば、今がおそらく良いチャンスでしょう。ユーザーの信頼は自分の情報のプライバシーとセキュリティに基づいています。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans40.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する