オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

一時間の5万円のコンサル料金が高いのか安いのか。何故コンサルティング業はオフィスに呼んで話をしようとするのか。

»

一時間の5万円のコンサル料金が高いのか安いのかー。

それは人による成果によりますよね。

アウトプットに5万円以上の価値があればそれは安いという判断になります。

成果を見ずに金額だけで高いという判断をする人は、その価値があるアドバイスを聞いても生かせないかもしれません。理由は金銭感覚が違うからです。それなりの単価のコンサルは、そのクラス向けのアドバイスができるので、そうでないクラスの人へのアドバイスとしては不向きです。

提供する側からすると、コンサルの給与の金額によって、高いか安いかが決まります。そして、訪問してのコンサルだと往復の移動時間があるので、移動時間分の時給と合わせて高いか安いかが決まります。当社の場合、訪問会議一時間で10万円を頂かないとマイナスになります。会議1回で10万円というと引いてしまう方もいるので、パッケージにして他のサービスと合わせてのパッケージにしてプラスを出すようにしています。

そんな感じなので、利益が出ないお客様はテレカンのみにしていたりもします。

そういう言えば、昔「うちの依頼で利益を出さないようにしてください」という部長さんがいましたねw うちはお客様が大手でもそうでなくても対等です。利益が出ないことはやりません。

脱線しましたが、弁護士の先生などが」オフィスに来てほしいという話をよく聞きますが、訪問すると売り上げが減るので、来てもらうという考えかもしれません。

まぁただそう思っただけなんですけど。

あぁ、休日だからという理由で内容のないことを書いてしまったwwwいつもかww

内容がないよう。

それではよい週末を!

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

それでは今日はこの辺で。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する