オルタナティブ・ブログ > キャピタリストの視点 >

ベンチャー企業の成長について、現場で思うこと

師匠を持っている人は幸せです

»

タテ糸とヨコ糸は、人間社会を織りなす重要な要素です。

インターネットの浸透で、社会がフラット化していくと言われる中で、格差社会に対する警戒感が叫ばれています。情報という観点ではフラット化(ヨコ社会化)する一方で、富や資産という意味では格差が広がっており、タテ社会化している、という意味だろうと思います。

戦後の日本は、従来からタテ社会だと言われてきました。インドやイギリスなどに比べれば身分制が確立している訳でもないのですが、終身雇用(就職ではなく就社)や年功序列(新参者は最も下の地位)の特徴を捉えて語られたものだと思います。

タテ社会は弊害もありましたが、もちろん良い面もありました。年功序列で言えば、5年後や10年後の自分の目標になる先輩(師匠)がいるので、わざわざキャリアプランなど考える必要はありません。また、上司になった人も下克上の心配もすることなく、部下のことを親身に考えることができたと思います。

しかし、現在はそうではありません。従来はローカルルールでやっていたことが、グローバルルールに変えられ、世界の中で厳しい競争をしなければならなくなりました。日本チャンピオンでも食えないこともあるし、県でのランキングの重要性は薄れ、世界ランキングを気にしていなくてはなりません。

他方、人間自身はさほど変わっていません。きちんと成長していくには、キャリアとかビジョンという渇いた理屈よりは、身体を伴った生身の師匠が必要です。インターネットで得られる関係性以上のものが実際の師弟関係には必ずあると思います。運良く格差社会で高い地位を得たり、幸せになっている人は、その叡智を分かち与える義務があると思います。本当に貧しい人とは富を分かち合い、食っていける人には富や幸せを得る方法を伝えていく必要がある、と思います。

フラット化した社会の中で、師匠を持っている人は幸せです。既に幸せな人は、集ってきた弟子の幸せを支援することで、さらに高い幸福感を得ることができます。富を得ることだけが幸福の条件である訳ではありません。喜びを分かち合える仲間がいることは、何物にも代え難い財産だと思います。

Comment(2)

コメント

佐伯百合子

師匠何十人かいます
そのおかげで
バブル社会で 行きぬけられた
大金持ちになると 喜べば
翌日、湾岸戦争
仕事で 儲かっていそうだと思うと
国税、規制等で
競売になる、
今、考えるとお金は魔物
と 思うしかありません
でも、今年は
明るい 兆し
其れは、すばらしい人人の 応援があるから
一生懸命 励んでいる姿は
認めているからだと 思います!

最近、経済白書にもあるように2002年の不況期以来、底堅く好景気の循環を繰り返している。
2002年には有効求人倍率が0.56倍だったのが今では1.05倍である。
そして、少子化による労働人口の減少および高齢化社会の到来。
要するに、深刻な人材不足となりつつあるようだ。
ところで、バブル経済がはじける前までは、日本的雇用慣行の終身雇用、年功序列、企業別組合の三種の神器があった。
その後、不況が始まりマーケティングマイオピア的発想の元、むやみなリストラが横行し、働き盛りの40代も含め定年間際の人達が、次への世代へ技術の伝承もできないまま、突然の解雇を通告をしまくっていた時期があった。
その頃リストラは社会現象とまで言われ、リストラの無い公務員は空前の人気職となった。
その時、声高に叫ばれていたのが欧米の成果主義的な雇用環境であり、中途採用、賃金出来高制である。
しかし、その為に人材の流動が多くなり。業績悪くなり報酬が払えなくなると、有能な人材が報酬の良い企業へ流れてしまう傾向にあり、また新たに人を雇い入れても、ドメインに特化した教育し育てるコストもバカにならない。
そして、企業は構造的に弱体化し会社規模を縮小せざるを得なくなり、不況を長引かせた一因を作った。
その証拠に2007年度版、中小企業白書では、「存続企業のパフォーマンスが退出する企業に比して悪くなるという「不自然な新陳代謝」が起きている可能性がある。」と結論付けている。ようするにリストラによって事業効率が悪くなったのが表面化している。
そんな中、今また人材不足のため元々あった日本的雇用慣行に戻ろうとする動きがある。
だが、しかし。
私は、もう既に日本的雇用環境の再構築は不可能だとおもう。
SWOT分析で言う外部環境、それもマクロ的な視点で見てみよう。
成果主義は社会的認知を得ており、その為に必要な転職システムやヘッドハンティング、それらの受け皿となる企業やシステムが確立している。
その成果主義社会の中、仕事が出来ようが出来まいが必ず年功序列で進む会社環境を作ったとして
どれだけ優秀な人間が耐えられるだろうか?
その会社には成果主義社会で生き残れない人間しか残らないだろう。

しかし、相変わらずマーケティングマイオピア的な発想から抜け出せない経営者が日本には多いと思う。
自身で壊した、日本的雇用慣行。
そして、あの時代へ戻ろうとしている今
あの時リストラした帰属意識の高かった社員たちに対して払うべき代償を払わなかったツケが今、回ってきているのではないだろうか?

コメントを投稿する