オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

不足しているのは「人手」なのか「人材」なのか──地域複業の取り組みで思ったこと・感じたこと

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

11/9(火)に、新潟県妙高市で、『多様な高度人材と企業を変える「人材不足解消セミナー」』を開催しました。

実は、妙高市では、地域の企業と都市部人材(に関わらず、地域外も)を、複業でマッチングする取り組みをはじめていまして、しごとのみらいでは、実務を委託されています。現在、5人のメンバーと「複業人材チーム」を組み、その仕組みづくりに取り組んでいます。

都市部では、ある程度認知されてきた複業ですが、地域は「これから」というのが、個人的な肌感覚です。そこで今回は、新潟で複業マッチングサイトを運営している若き起業家、株式会社Ripariaの室田雅貴さんと、複業人材のチームで会社を運営していて、サイボウズのエバンジェリストでもある、株式会社MOVEDの渋谷雄大さんをお招きして、複業人材活用に関するお話を、地域の企業のみなさんにしていただきました。

255152497_4825431037467910_3592208133192888911_n.jpg

255120697_4825431180801229_8294591578683090400_n.jpg

ちなみに、ボクが地域複業に関心を持った理由や、背景などは、このあたりにある関連記事をお読みいただくと、なんとなくご理解いただけるかと思います。一言でいうと、ボクは新潟を拠点に、東京のサイボウズで複業していますが、「もしも、この逆の働き方──つまり、地域の企業に、都市部の人たちが複業できたら、地域の企業にとっても、都市部の人にとってもいいはず」という気づきがきっかけです。

今回のセミナーは、地元の商工会「新井商工会議所」さんとの共催ですが、事前の打ち合わせで、「地域の企業は人材不足である」という話を伺いました。そこで、今回のセミナーでは「人材不足」に焦点をあてました。

セミナー後、複業人材チームと新井商工会議所の担当者さんと、セミナーの振り返りをしました。その中で、印象に残る一言がありました。それは、「今回は、人手不足に困っている会社と、人材不足に困っている会社と、2つに分かれていましたね」という言葉です。

というのも、いくつかのアンケートに「うちの業界では無理そう」という意見が書かれていました。ここでいう「うちの業界」というのは、たとえば、建設業、小売業や、飲食店・飲食、サービス業、介護事業といった、「人の手が重要な役割を果たす業界」です。

地域複業のような関わり方は、「週1~2日程度、基本リモートで、ときどき現場で」といった働き方になります。そのため、直接「人の手が重要な役割を果たす業界」には、あまり向きません。「うちの業界では無理」となってしまう気持ちも、よくわかります。というより、私自身、地域複業は「人手が必要な業種では無理」だと、言葉にしないまでも、どこかしらで思っていました。

一方、人口減少が進む中では、人手不足問題はこれからも続くはず。そういう意味では「人手に頼っていて大丈夫なのか?」とか、仕事内容は変わらなくても「人手が集まるような採用方法や、募集する際のメッセージを変えてみては?」といった視点があってもよさそうです。

「人手」とは「頭数」のことで、「人材」とは「問題を解決できる人」だとするならば、この「人のちがい」を意識しておくことは、企業にとっても、あるいは、地域複業のような仕組みをつくる側にとっても、かなり重要だな、と。

課題を抱えている企業ほど、一緒に問題に向き合ってくれる「人材」は重要だし、その必要性も高い。そういう意味では、人の課題が多い地方ほど、地域複業のような座組が必要なんだろうなと、新井商工会議所の担当者さんの話を伺って、改めて思った次第です。次回、話す機会があったら、「人手」と「人材」の違いについて、触れてみたいと思います。

Comment(0)