オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

「TPPどころじゃねぇなぁ」 ― トラックの車窓から

»

こんにちは、竹内義晴です。

TPPへの議論が盛んですね。

推進派の意見を聞けば、「そうだなぁ」と思いますし
慎重派の意見を聞けば、「そうだなぁ」と思います。

どっちがいいのか、私には正直分かりません。

でも、TPPというキーワードを最近聞いた中で
もっとも共感でき、腑に落ちた言葉があるんです。

それが、今日のタイトルの言葉

「TPPどころじゃねぇなぁ」

です。

この言葉は、昨日、一緒に車に乗っているときに父親がつぶやいた言葉ですが
車窓には、耕されなくなった耕作放棄地広がっていました。

うちの周りでは、耕作放棄地が確実に増えました。
私の住んでいる地域で、稲作をしているのは、うちだけです。

田んぼが放棄される理由は、
田んぼを耕す人が高齢になり、耕すことができない、跡取りがいないこと。
近くに住む同じ世代で、家で米を作っている、もしくは、作ろうという話は聞きません。
「自分で作るより、買ったほうが安い」という、価値観の変化もあるのでしょう。

これをTPPに絡めると

「ただでさえ、農業がダメになっているのに
 TPPに参加したら、日本の農業はもっとダメになる」

となるのかもしれません。

でも、耕作放棄地は、TPPに関わらず、以前からある課題なんですよね。

「TPPどころじゃねぇなぁ」

父親にとっては、TPPがどうのというよりも、
身近にある課題を前に、つい、出た言葉なんだと思います。
ボクは、スーツを着た人々が、理論をテレビで語る言葉よりも
「TPPどころじゃねぇなぁ」という父親の言葉に共感します。

TPP・・・テーマが大きいので、何が正解なのか、やっぱり、ボクには分かりません。

ボクは、TPPがどっちに転ぼうと、そのときの環境に合わせつつ
結果的に良くなるように、ボクができることをやっていこうと思っています。

追伸:

大きなことはできないんですが、こんなことをはじめました。

Comment(2)

コメント

juna

同感です。
TPPに関しては、最近は農業だけでなく医療分野からの反対意見も耳にするようになりましたが、
医療は医療で後期高齢者医療分の負担金が伸し掛かって健保の解散が相次ぐような状況で、
TPPに関わらずどうにかしなければならない状況なんですよねぇ・・・

junaさん、コメントありがとうございます。
医療分野からも声が上がっていますね。
TPPに関わらず、やることはたくさんありますよね。

コメントを投稿する