オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

3年後にWindowsはなくなっている?

»
@ITで、セールスフォースのロビンソンCOOが、「ウィンドウズは3年後になくなっているだろう」というコメントが掲載されている。要は、SaaS、つまりWeb上でのソフトウェアが、OS上のソフトウェアの市場を破壊する、という一連の主張である。

セールスフォースCOO、3年後にWindowsはなくなっているだろう 2006/7/26  「マイクロソフトは死に体だ」、こう過激な発言をするのはオンデマンドCRM「Salesforce.com」のCOO フィル・ロビンソン(Phill Robinson)氏だ。同氏は、Writelyやnumsumといったオンデマンドサービスの台頭によって、近い将来にMicrosoft Officeシリーズが駆逐され、マイクロソフトに大きなダメージを与えるだろうと予測した。
セールスフォースCOO、3年後にWindowsはなくなっているだろう − @IT


ワープロや表計算のようなビジネスソフトは、確かに1-2年後には、完全にWeb型が主流になると思うが、パワーポイントのようなプレゼンソフトや、イラストレーター、フォトショップのような画像、動画を加工するソフトについては、回線速度にもよるので、それほど一気にSaaS型に移行することは難しいように感じる。だから、OSの存在感が3年後にそこまで喪われるかどうか、という点については僕には確信がない。だが、実際日々のコンピューティングにおいて、ブラウザ以外のソフトウェアを使う割合は年々減っていっているのも事実だ。


feedpath tags:   generated by feedpath

ちょっとセールスフォースの過激さにあてられて、ちょっとした予言をすると、3年後には企業の業務システムのほとんどはSaaS型企業のサービスを使って いるだろう。また、楽天は現在のオンラインモールの運営を止めるか大幅に縮小して、別のビジネスモデルを選択しているかもしれない。(あくまで個人的な見解です)

Comment(8)

コメント

mohno

> ビジネスソフトは、確かに1-2年後には、完全にWeb型が主流になると思う
“主流”とは、中心となる流れとか多数派という意味で使われる言葉だと思いますが、そのような意味で使われていますか? 具体的には、ワープロやスプレッドシートユーザーの半数以上が Web ベースのユーザーになるという意味ですか?
あと、“1-2年後”とは遅くとも2008年7月25日までを指していますか?
もちろん“思う”のは自由ですけどね。

マイクロソフトであっても、開発リソースをSaaSにより多く割くようになる、という意味です。社員のパソコンにインストールされたオフィススイートの増加率よりも、SaaS型のオフィススイートの増加率が上回る、と言ってもいいですよ。

日本企業には受け入れがたい流れという事もあるかもしれませんが、いわゆる会社支給PCがシンクライアント(もしくはそこに限りなく近い方向)に向かうのは間違いなさそうです。OSはブラウザを動かす上で必要なのでなくならないと思いますが、すでに次期OfficeもIE専用とはいえSaaS型のサービスをテストまでしているところをみると、すでにマイクロソフトの興味もSaaSにシフトしているのではないかという気もしてます。

mohno

やれやれ。
> 開発リソースをSaaSにより多く割くようになる

> 完全にWeb型が主流になる
と同義だというのは「語弊」というより「言い間違い」でしょう。
SONY が「現在、PS3 に膨大な投資をしている」ことから「現在、PS3 が主流」とは言っているようなもの。
ちなみに、フィル・ロビンソン氏がいう
> Windowsはなくなっている
というのは、「Windowsへの投資がなくなっている」と解釈されているわけですかね。
さらにいえば、それを
> ローカルな Office の増加率から SaaS 型 Office の増加率が上回る
と同義というのも飛躍が過ぎます。どれも対象としていることが違いすぎますね。

へるべすとさんの言われるように、シンクライアントの流れは加速しそうですね。
なので、イントラネットに閉じた「Web型」ビジネスソフトという意味では、小川さんの予言もかなり現実味がある気がします。
それでもサーバーOSとしてのWindowsは生き残りそうですが。

SonyはMSほどの圧倒的なシェアを持っているとはわけではないですよね。ワープロと表計算については、ほぼMSが押さえているわけで、MS自身がサービス型に移行すると決めた瞬間に、それが主流になったと言っていいと思います。1-2年以内に、MSはExeclとWordをSaaSとして提供し始めて、パッケージ型からのシフトがはっきり見えるでしょう。

個人ユーザーをみれば、MSオフィスを購入する必要はどんどんなくなっていくし(というか、積極的に使う理由もなくなってきている)、企業ユーザーはセキュリティの観点からも、HDDにデータを残せないし、だからアプリもHDD上にある必要がなくなってきていると思いますので、その方向に流れ始めているのは、もはや止められないと考えます。

mohno

「現在、Microsoft は Windows Vista に開発リソースを多く割いているから、現在の主流は Windows Vista」という表現の方がよかったですかね。いずれにせよ「開発投資」と「主流」とをこじつけるのは無理ってもんです。増加“率”という表現も同じ。それに、今、開発されている Office 2007 はローカルアプリケーションだし、Test Drive は SaaS じゃなくてテスト用のリモート環境ですよね。
そもそも「Web 化」という“トレンド”を欲しがっているユーザーはどれだけいるんでしょう。“トレンド”に乗り遅れまいとする人がいるのは確かでしょうが、リンク先に書かれている「コラボレーション」なんて現行バージョンの Office 2003 でもできることです。セキュリティにしたって、“Web 化”で何でもOKってわけじゃありません。ディスクレスPCは、紛失したときにデータが流出しないメリットはありますが、不用意(あるいは故意)の情報流出を防ぐにはドキュメントの権限管理が必要です。そもそも“Web”はセキュリティのための技術ではありません。
そういう基本的なところをすっとばして“Web 化こそがトレンド”といってもユーザーを惑わせるだけだと思いますね。

ゾフィ

> 3年後には企業の業務システムのほとんどはSaaS型企業のサービスを使っているだろう。

って、
----
3年後には企業は業務システムのほとんどにSaaS型企業のサービスを使っているだろう。
----
と添削失礼。“システム”が主語ってのに違和感あったもんで。
で、ミソは“SaaS型企業”ってところかな。来年でも今でもMSがそう宣言したら当たりですもんね、実態はどうあれ。OracleやSAP でも当たりうるか。:/

コメントを投稿する