オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

ネガティブなオーラ、嫌ですね。でもなぜやってしまうのか?

»

おはようございます。

雨上がりの朝。15.0℃ 996Pa @5.15am。

===ほぼ毎朝エッセー===

プロジェクトを進行している。

あちらこちらに不都合があるけど、マイルストーンの期日は迫っている。急がなければならないのは分かっている。でも思ったように進んでいない...。

このようなときに、ついつい声を荒げたり、貧乏ゆすりをしたり、イライラしてたり、苦虫を噛み潰したような表情をしたりします。とかくネガティブなオーラを出し勝ちです。

ネガティブなオーラに対して周りは、委縮したり、緊張したり、あるいは見ないふりをするでしょう。明らかなのは、ネガティブなオーラが、全体の効率を下げることはあれど、上げることは決してありません。

ネガティブなオーラ、嫌ですね。でもなぜやってしまうのでしょうか?

==

「緊張感」という概念でネガティブオーラを肯定する考えもあります。人は「緊張感」を持たないとちゃんと仕事をやらないからです。ネガティブなオーラは、そのたるみを防ぐためのツールなのです。

リーダーには、自分のグループメンバーを守りたいという気持ちが出ます。すると、やりがちなのが、メンバーに甘い言葉だけをかけてしまうことです。結果的には、それぞれが成功しないでいることを容認することになります。

さらには、グループの仮想敵として便利な、他部署を邪魔者にしたり、自分たちの仕事がうまく行かない原因にしたりします。その方が結束力が高まります。国家がよくそれをやりますよね。

残念なのが多くの場合、メンバーはリーダーの思いにそれほど感謝するわけではなく、怖いことに面すると、そこに屈して、リーダー側を裏切ってしまいます。人に優しい言葉をかけられることと、怖いことで脅されるのと、どちらに従うかと言えば、前者を裏切り後者で動くのが人だからです。

だから、ネガティブなオーラを道具に使うことが横行しているのです。必要悪というようなものでしょうか。

==

さて、それを知ったうえで、理想組織はどういう姿であるべきか。

ネガティブなオーラを元にしないでも「緊張感」が保てればいいわけです。ポジティブなオーラのなかで緊張感が保てればいいわけです。

これは、組織としてのなかなか高度な能力ですが、必ず習得できると思います。それには、今までのことを肯定すること。さらに良くするにはどうするのか、建設的にアイディア加えていくことです。

今、建設的にアイディアを加えているかどうか。ぜひ考えてみてください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する