オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

note: 大企業の特権だった「稼ぐ仕組み」を社会の脱落者にも解放したRIWAY(中) -商品のすごさ

»

noteでRIWAYの優れた仕組みについて解説しています。3本シリーズの2本目。

RIWAYは、誰が取り組んでも、しっかりと勉強をして、しっかりと自分の下に連なるチームをケアしてくならば、しっかりと稼げる「稼げる仕組み」を構築しています。これは、起業をして、ゼロから稼ぐ仕組みを作ることにチャレンジしたことがある人なら誰でも、「おお」とうなづくほどの洗練された仕組みです。

この仕組みは多面的であり、商品開発からインセンティブシステム、そして参画する人たちの勇猛心を鼓舞する目に見えない理念まで、多数の要素が緻密に組み合わさって、うまく回っています。その、ほんのさわりを述べているに過ぎません。

note: 大企業の特権だった「稼ぐ仕組み」を社会の脱落者にも解放したRIWAY(中) -商品のすごさ

引用

経済的に失敗して、所持金が3,000円というところまで追い込まれて、RIWAYのことを知り、一念発起して、クレジットカードの与信枠を使ってポジションを購入し、その後にせっせとチームを拡大して、リワードのポイントが現金化できる日数が短いことを活用して、ひと月のうちに一息ついて、それからチームをなお一層拡大させて、毎月のリワードが7桁になったという人の話があります(年収ではなく月収)。色々な方の口から出てくるので、ある種の伝説のようになっていることがわかります。

こういうストーリーがあるということは、非常に重要です。それは、数多くの人が、RIWAYという、非常に精妙な「稼ぐ仕組み」に参画できているということを意味します。一握りの人に限定されず、頑張れば、勉強すれば、普通の職業のように職業なりの努力をすれば、お金として報われる。そういう仕組みが、すでに出来上がっていることが重要です。

Comment(0)