オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

note: Learning Organization(学習する組織)としてのRIWAY(その1)

»

RIWAYは、1990年代に米国コンサルティング業界で流行した概念であるLearning Organizationを地で行っているなと、思うことが多々あります。見た目から判断すると誤ります。組織で動いている行動原理を見抜くと、優れたLearning Organizationであることがよくわかってきます。

Learning Organization(学習する組織)としてのRIWAY(その1)

引用

RIWAYでは、リーダー(=先行して会員組織と売上を拡大している人)の経験談を含む、口頭による知識伝授が大変に重要な意味を持っています。私は過去に米国コンサルティング業界の主な方法論に接しましたが、その中の1つ、Learning Organizationがあり、その基本原理を多少は理解しています。

また、Knowledge Managementの基本原理も多少は理解しています。1つの重要な概念にTacit Understanding(暗黙知)があります。RIWAYのリーダーの説明・講演・発表を直接あるいは動画で見る・聞くことには、このTacit Understandingで理解するという、極めて大きな意味があります。

Comment(0)