オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

全国の医院・歯科医院でオゾン発生装置を新型コロナ対策で導入中(事例整理)

»

医院や歯科医院で新型コロナウィルス対策としてオゾン発生装置を導入する事例は、昨年(2020年)8月頃からちらほら見られました。現在ではたくさん増えています。それをまとめてみました。

◎オゾンが新型コロナウィルスを無害化するメカニズム
オゾン(O3)は空気中にある酸素のO分子が3つくっついてできた物質で気体です。オゾンは非常に不安定な物質で、O分子3つのうち1つが離れて安定した酸素(O2)に戻ろうとします。このオゾンから離れたO分子がタンパク質に付着すると、たんぱく質の分子構造を壊します。新型コロナウィルスの細胞膜(エンベロープ)をオゾンが壊すのは、このメカニズムによります。

細胞膜が壊されたウィルスはもうウィルスとして機能できなくなるため、ウィルスが無害化するのです。医学的には「新型コロナウィルスが不活性化する」という言い方をします。オゾンは細菌ではないため、正確に言うならば「オゾンは新型コロナウィルスを殺菌する」は間違いです。しかし、新型コロナウィルスをアルコールなどで「除菌」すると言う言い方は厚労省もしているため、「オゾンにより新型コロナウィルスを空間除菌する」と言う表現も許容されます。

気体であるオゾンはO分子により、新型コロナウィルスの細胞膜を破壊するため、空間を漂う新型コロナウィルスの除菌、すなわち「空間除菌」ができるのです。

この「空間除菌」は空気中の新型コロナウィルスを除菌するだけではありません。ウィルスはテーブルの表面やドアノブや人が触るところの全てに付着している可能性があります。オゾンは気体ですので、漂って行って、こうしたモノに付着したウィルスの細胞膜も破壊します。従って、これまで、アルコールを染み込ませた布などで拭うしか対策がなかった場所に対しても、「空間除菌」で対応できます。気体のオゾンが空間に満ちて、ドアノブ表面などのウィルスを破壊するのです。これは新型コロナ対策の工数削減に劇的に役立ちます。

◎医院や歯科医院のオゾン発生装置導入、主な事例

医院や歯科医院で、オゾン発生装置を導入して新型コロナウィルス対策をしている事例には以下があります(順不同)。

愛知県:藤田医科大学
>藤田医科大学病院では既に導入済みのオゾン発生器を使用して、病院内の待合所や病室などでの感染リスクを低減させる取り組みを、9月初旬より開始いたします。

大阪府:若山眼科
>オゾン発生器は、特に拭き取り作業が必要ないため、手間をかけずに空間全体を消毒してくれて、非常に助かりました。

石川県:半田内科医院
>当院では、院内感染予防のために、低濃度オゾン発生装置を設置しました。また、換気の徹底、共用部分の消毒、職員の健康管理等にも取り組んでいます。

大阪府:ためさん診療所
>低濃度オゾン発生装置を、診察室とエコー室およびトイレに設置。

千葉県:医療法人鎮誠会
>当院では、患者さんが安心・安全で入院生活を送っていただくために、新型コロナウイルス感染対策の一環として「オゾン発生装置」を設置し、殺菌・消毒を行っております。
オゾンは新型コロナウイルスを不活化させる作用を有することが確認されており、当院では人体に影響のない低濃度で運用しております。 リハビリ室に3台、待合室に1台、各病棟1台ずつ、計6台設置しております。

東京都:二子玉川矯正歯科
>全国の救急車、病院、ホテルなどで採用され、空間全体の各種ウイルス不活性化の報告のあるオゾン発生器の使用。

栃木県:荒神橋のだ歯科医院
>当院では、患者さまに安心して歯科治療を受けていただくために、新型コロナウイルスの院内感染防止対策を強化しております。
このたび新しい取り組みとして、「オゾン発生装置による深夜オゾン燻蒸」を開始しました。

福岡県:おだクリニック日帰り手術外科
>当院のレントゲン室、検査室などの密閉空間ではオゾン(O3)による空気清浄を行っています。

神奈川県:原歯科医院
>当院では、以前から次亜塩素水の空間除菌機・HEPAフィルター装備の空気清浄機・プラズマクラスター装置などを使った上で頻繁な換気も行ってまいりました。
ここに、今回のイオン・オゾン発生装置が加わり、更に安心安全な状態が得られましたので、ご安心の上でご来院ください。

大阪府:内野歯科クリニック
>内野歯科クリニックでは、オゾン発生装置やオートクレーブを用い、確実な滅菌を施しています。また、お昼休みと夜中の間にオゾンガスを発生させ、院内をクリーンな状態にしています。

◎弊社では低濃度オゾン発生装置「Fresh Pro」の予約注文受付中

新型コロナウィルス対策では、慎重を期すなかにも慎重を期さなければならない医院において、このようにオゾン発生装置が使われています。

今泉が代表を務める株式会社インフラコモンズでは、医院や歯科医院の「空間除菌」目的でお使いいただける低濃度オゾン発生装置「Fresh Pro」(純国産テクノリンク製、定価120,000円<税抜き>、40畳までの空間をカバー)の予約注文を承っております。

Fresh Proは大好評につき、2020年12月下旬現在メーカーにて在庫切れ。増産を開始し、2021年1月中旬から出荷を再開します。現在は予約購入のみ受付中です。

末尾の写真はFresh Pro製造元テクノリンクの東京事務所を訪問した際に撮影したもの。

以下の2ページでFresh Proの概要を紹介。
・オゾンを発生させてコロナウィルスを撃退するFresh Pro購入相談はココ!
・Fresh Proの紹介

Fresh Proの予約購入申込みはこちらで受け付けています。
・Fresh Pro予約購入受付

FreshPro写真大型.jpg

Comment(0)