オルタナティブ・ブログ > IT雑貨屋、日々のつづり >

IT業界につとめる「雑貨屋(なんでも屋)」が、業界の事、情報セキュリティの事、趣味や日々雑感を綴っていきます。お暇な方はおつきあい下さい。

100.仕事の上で必要な事

»

 佐藤@IT雑貨屋です。
 結構掛かりましたが、今回の記事が100番目の記事です。週に二回とか、三回書いていればもう少し早い時期に100回を迎えていたと思いますが、何分、持続が苦手な性分でして、数年を要してしまいました。

 ここ最近になり、感じることなのですが、社会の中でも私の立ち位置では「教わる立場」ではなく、「教える立場」「語る立場」になってしまった事てすね。まあ年齢も五十代という大台に乗ってしまったので、当然なのかもしれません。

 何時も感じるのは、生きて行く感覚としては、高校を卒業して専門学校あたりの時と、あまり変化は無いのですが、取り組む仕事の立ち位置や、そこで求められる事は、大きく変化をしています。

 まあそれ以前に、毎朝、ひげ剃りや洗顔で、自宅の洗面台の前に立つと、そこには白髪がだいぶ増えた、熟年親父の顔があるんですけどね。

 こんな私ですが、社会の三十年以上に渡り、何とか仕事をしながら生きてきて、今では女房と子供を二人持ち、生活出来るようになりましたが、考えてみたら仕事の中で様々な先輩や上司から多くの薫陶を受けて来ました。

 私は専門学校を中退し、19歳で横浜にあったシステム開発会社に中途入社した時から、社会人としての人生が始まったのですが、学生からいきなり社会人になってしまったので、基本的なスキルすら無いまま、社会人となりました。
 だから多くの人達から、現場叩き上げで教えられる事ばかりでしたが、成功体験にしろ、失敗体験にしろ、様々な人達の中で教えられて来たのです。

 このあたりで、少し私が学べたことについて、振り返りながら書き連ねていくのも良いかなと思いますので、これからもよろしくお願い致します。

 今回は、100回目を迎えて挨拶程度として、次の回からそんな事を意識して書かせてもらいます。

 ここまで読んで頂きありがとうございました。
 これからもIT雑貨屋をよろしくお願いします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する