オルタナティブ・ブログ > IT雑貨屋、日々のつづり >

IT業界につとめる「雑貨屋(なんでも屋)」が、業界の事、情報セキュリティの事、趣味や日々雑感を綴っていきます。お暇な方はおつきあい下さい。

028.【自分の事】趣味について(バイク)

»
 桜満開の時期を迎えています。花見の季節。しかし私はというと、何故か最近、仕事に追われています。
 私の住んでいるのは横浜市内なのですが、そこに上瀬谷基地(米海軍)というのがあり、そこには通称「海軍道路」というのがありますが、そこの桜が先日の土日にはかなり咲き誇っていました。そんな中、子供をバイクの後ろに乗せて、少し花見気分を味わおうと走ってきましたが、中々良い気分でした。

 佐藤@IT雑貨屋です。

 今回の記事は少し自分の趣味について書かせてもらいます。IT屋とは何も関係無い内容ですが、お時間があればお付き合い下さい。

 「趣味は何ですか?」

 以前、仕事で営業関係をしていた時、雑談でよく聞かれた事がありますが、そういう時には「読書とバイクです」と答えていますが、その中で今回の話はバイクの話です。

 私がバイクの免許(今は普通自動二輪免許と呼ばれていますが、自動二輪中型免許とか呼ばれていた時期もありました)を取得したのは25歳の頃でした。
 本来、バイクの免許は高校時代に取得するのが多いと思われがちですが、丁度、私が高校時代の時には、高校で免許取得が禁止されていたこともあり、私の周りでも正規に免許を取得しているのは、少ないものでした。

 19歳でIT業界に入り、仕事に没頭している間、気がつけば趣味らしいものも無く、ふと25歳の時に「バイクに乗りたいな」という衝動に駆り立てられて、当時、職場から30分ほどの場所にあった自動車学校に入学し、自動二輪免許を取得したという次第です。

 この時には既に普通免許を取得していたので、教習所の教官なども「佐藤さんは普通免許持っているから、注意すべき点は理解してますよね?」という事で、一人で気楽に教習コースを回り、教習時間も規定時間でクリアして一発で卒業検定も合格。約1ヶ月半ほどで免許を取得する事が出来ました。

 免許を取得後、初めて乗ったのが、知人から3万円で購入した「VT-250F」というホンダのバイクでした。しかしこのバイク、半年ほどでフロントフォークからオイルが漏れ出し廃車(まあ3万円のバイクでしたから、そんなモノかと)。その次ぎに乗ったのがが同じくホンダの250ccのスクーター「FREE WAY」でした。

 今でこそ「ビックスクーター」というのは知られていますが、今から二十年近く前には、高速道路を走れるスクーターというのは認知度が低く、よく料金所で止められた事を思い出してしまいます。
 このスクーターはスピードこそ出なかったのですが、結構取り回しも楽だったので、近場ですが、休日になる「ぶらり一人旅」に、思いつくまま乗っては出かけていました。

 その後、400ccのロードスポーツタイプのバイクやアメリカン、またネイキッドの400ccのバイクなどを乗りついていましたが、今から10年ほど前、結婚を期に一度、バイクに乗るのは止めにして、100ccのスクーターを通勤バイクとして利用するにとどめていました。

 しかしやはりバイクは捨てがたく・・・今から4年ほど前には150ccの中古スクーターを購入して再開し、2年前からは250ccの「ホンダ MF-06 FOREZA250」に乗っています。

 冬の間はさすがに寒いので、このバイクは通勤バイクとなっていますが、最近、暖かくなってきたので、どこかへ行きたくウズウズしはじめていたりしています。

 しかし独り身であれば「思い立ったら直ぐ出発」と行っていた者が、やはり所帯を持つと休日などは家族サービスなどに忙殺されてしまい、中々思うように出かけられません。何だかんだ言っても、シーズン中に2~3回、日帰りツーリングが出来れば御の字という所でしょうか。

 昨年は夏に富士山と、秋口には戸隠高原へ行きました。戸隠高原へは単に「戸隠そばを食べに行こう」という口実だけでしたが、途中、埼玉の身内の家に一泊した小旅行感覚でのソロ・バイクツーリングでした。

 でもまあ、仕事などでストレスが溜まっている時、天気の良い日なんかは、バイクでのんびりと山間を走るだけでも結構なストレス発散になりますし、行った先で適当な店に入って、「B級グルメ」を気取るわけではありませんが、食事したりしてのんびりするだけで、結構良い気分転換になりますよ。

 今年はどこへ行こうか・・・そんな事を考えながら、最近ではGoogleMapを眺めています。

 あまりまとまり無い文書でしたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。
 今度、バイクで出かけた内容は、いずれまたブログに書かせてもらいます。



bike.jpg












Comment(0)

コメント

コメントを投稿する