オルタナティブ・ブログ > IT雑貨屋、日々のつづり >

IT業界につとめる「雑貨屋(なんでも屋)」が、業界の事、情報セキュリティの事、趣味や日々雑感を綴っていきます。お暇な方はおつきあい下さい。

020.【雑感】電磁波って怖いですか・・・

»
 年度末に向けて、相変わらず様々な事でバタバタしていますが、何とか記事を書いています。

 佐藤@IT雑貨屋です。

 今の時代、モバイル環境はかなり整備され、誰もがネットを通じて様々なコミュニケーションを取っていますよね。かくいうこの記事も、モバイル端末から書いていますが、本当に便利になったものです。

 私は毎日2時間近くの時間をかけて通勤をしていますが、やはり朝一番、通勤中の時間にTwitterを見たり、メールの内容を確認したりしています。

 しかし先日の事、お決まりのように電車の中でスマートフォンをイジっていると、少し離れた座席からお爺さんの怒鳴り声が聞こえました。

「おい!お前は俺を殺す気か!」

 尋常では無い怒鳴り声に、乗客も何事かという感じで振り向くと、少し離れた優先席に座っている見た目元気な初老の男性が、目をつり上げて優先席脇に立っている女子高生に怒鳴っているではありませんか。

「俺はなあ!ペースメーカー付けているんだ!携帯電話をイジるなら他でやれ!」

 その初老の男性は、マジギレになって怒鳴りつけていました。

 満員電車で皆がすし詰めになっている中、その女子高生はあわてて携帯電話をカバンの中にしまい込み、申し訳なさそうに次の駅で降りていきました。

「そんな、良い年した人が、何も大声で怒鳴りつけないでも良いのではないか・・」

 そう思いながら、そのプンすかと怒りが収まらない顔をしている男性の席に目をやると、席つあけた隣で若いサラリーマンが悠々とiPadでネットを見ているではありませんか、たまにメッセージを投稿している様子も見えたりして。

 まあ図太いというか、なんと言うか・・・不謹慎ながらその若いサラリーマンの行動を見ていて、心の中で笑ってしまいました。

 多分、初老の男性は携帯電話は電磁波を出すモノだが、iPadは携帯電話とは別物という認識をお持ちの様で、その若いサラリーマンを見ても、特に怒鳴ったりもせず、途中駅で勢いよく席から立つと、早足で電車から降りていきました。

 以前に携帯電話の出す電磁波が、ペースメーカーに悪影響を及ぼす可能性があると大きく報じられました。しかし最近では誰も何も言わなくなっています

 私はこの状況を見て考えたのは、まず第一にも電磁波に対する危険性の有無を、再度確認する必要があるのでは無いかという事です。

 たとえば先の初老の男性について。

 当時、その周囲には通勤中のサラリーマンやOLが沢山いましたが、おそらくそういった人たちは携帯電話をカバンやポケットに入れているはずです。そして携帯電話の電源も当然入っていた事でしょう。

 その初老の男性は女子高生を怒鳴りつけていましたが、私が見る限り女子高生よりも近い距離にいた人が大勢いましたし、そもそも携帯電話は通話をしていなくても、定期的に電波を発信しています。(それ以前に至近距離ではiPadをイジっていた人もいるし・・・)

 もし電波が危険であれば、その初老の男性は「アウト」ですよ。本当に。
 でも初老の男性はカクシャクとして元気に電車を降りていきました。
など
 これは私の私見なのですが、携帯電話のマナーで重要なのは、サイレントモードにしておく事と、混雑した車内や人混み等で、大声で会話をしたり、長時間話をしない事だと考えています。あと電磁波という事で言えば、それほどセンシティブな問題にはならないと思っています。

 私自身としては、この携帯電話がペースメーカーに多大な影響を及ぼすという事よりも、アメリカで公表されている携帯電話と脳腫瘍の問題の方が気になりますが、どうでしょうか。


 本当に危険な事と、実はそうでない事。
 社会の中でしっかりと認識をしたいですね。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する