オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

クロネコメンバーズの配達予告メールを受け取って混乱した話

»

ヤマト運輸のサービス、クロネコメンバーズに便利なので登録しています。本宅と別宅の二か所生活のため、ID登録も2件です。登録は、名前は同じで、ID、電話番号、住所、メールアドレスをそれぞれの別にしています。

今回、本宅宛の買い物をしたところ、別宅のメールアドレスに翌日配達のメールが届きました。最初は気づいていなかったのですが、メールに添付されたリンクをクリックした後の挙動が何かおかしい。なぜ、別宅周辺のコンビニや営業所が出てくるのだろう、と疑問に思ったところで、メールの宛先が別宅用であることに気づきました。もしかすると、荷物の送付先を別宅にしてしまったかもしれないとか、システム不具合なのか、そもそもなぜ違うIDに情報を送れるのだろうか、といろいろと悩みます。

翌日にサポートに電話して、原因はわかりました。まず、荷物は正しく本宅宛でした。別宅のメールアドレスに届いたのは、メールアドレスの選択に宛先の名前と電話番号を使っているためだそうです。確かに、別宅IDに登録している電話番号は携帯電話で、今回の買い物を手配した時に安直に携帯電話番号を使ってしまいました。

原因はわかって一安心ですし、同じ人が2箇所登録することは想定していないと言われましたが、もう少し厳密に、例えば宛先の都道府県と市町村くらいはマッチングしないと、セキュリティホールにならないでしょうか。杞憂に終われば良いのですが。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する