オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

ネットの匿名性を議論する際のフレームワークについて

»

ネット内外のいろんなところでネットの匿名性についての議論がされています。結構深い問題だと思いますので、ある程度、考えがまとまってから書こうと思いますが、この問題を考える時にいくつか重要な点があると思いますので、先に提示しておきます。

1.匿名と実名の問題はどっちが良いか悪いかというお話しではない
 当たり前ですが、何でもかんでも実名にすればよいというものではありません。みんなが実名になれば責任ある情報を積極的に発言するようになるだろうというのはちょっとお花畑的考えと思います。匿名性を提供することで無責任な誹謗中傷が増えるのは確かですが、その一方で実名ベースでは出てこない本音というかマスコミが触れない(触れられない)世の中の真の姿が出てくるのはとても重要です。匿名と実名にもそれぞれ良いところと悪いところがあります。結局、両者のバランスをどう取っていくべきかという議論になります。

2.読者にとっての匿名性と管理者にとっての匿名性は分けて考えるべき
 このポイント、意外にちゃんと理解されてないのではないでしょうか?匿名掲示板の代表と言われている2ちゃんねるにおいても、読者側にとっては匿名でも、管理者側にはIPのログが残ってます。問題は(特に民事事件において)管理者側が情報を適切に出さない点にあるのであって、2ちゃんねるの仕組み自体はもう少しちゃんと管理さえすれば結構適切なのではと思います。

3.完全な匿名と完全な実名の間にも固定ハンドル名などの選択肢がある
 たとえばネット上では常に特定の名前を使うが、実世界とのリンク付けはしないというパターンです。匿名ブロガーではこういう人は多いのでは(たとえば、R30氏)。これをうまく機能させるためにはなりすましや自作自演を防ぐ手段が必要ですが、この辺をネット全体でサポートする方法としてOpenIDなんてのがあったりします(ただし一人で複数IDを取ろうと思えば取れてしまうので厳密には自作自演は防げませんが)。

こう考えてみると検討すべきパターンは、完全実名から完全匿名の間に、いくつかあることがわかります。一番実名度が高いのがこのブログみたいに実世界の本名をさらして書いているケースでしょう。

逆に、一番匿名度が高いのはWikileaks、Winny2、Freenetなどの、暗号化を駆使してユーザーにも管理者にも情報発信源の特定ができないようにしたメディアです。Winny2は別として、Wikileaks、Freenetは、言論の自由が守られない国家・社会における情報発信手段としての大義名分はありますが、こういうテクノロジーを使ってしまって本当に大丈夫なのかという不安は正直あります。とは言え、仮に法律でこういう匿名性の高いテクノロジーを禁止したとしても、やる人はやってしまう(Wikileaksは中国の反体制派が運営しているそうなので政治的信念に基づいてやってしまうでしょう)ので難しいところであります。

全然、答を示せていませんが、まずは問題提起と議論のフレームワークの提示ということで。

Comment(3)

コメント

エクサ

>栗原さん

個人的には、実名論者のいう「責任ある発言」の定義が
曖昧どころかその場その場で変わるのが問題なんではないかと思います。

「責任ある発言」の「責任」の定義を曖昧にしたまま、
実名匿名の話は出来ないのではないでしょうかね。

以前にも書いたことがあるのですが、匿名を非難する人の多くは、いままで発信側としてマスコミなど利用して一方的に発言できた人のような印象があります。この既得権益をネットでの反論により侵されたことに怒っているので、決してメディア全体のことを考えての匿名非難言ではないと感じます。匿名、実名の議論ではこの既得権益を持った人たちの意見がどのくらいを占めるのかをはっきりさせる必要があると思います。

作家の例をみるとペンネームを使って一人二役のようなことをしていた作家も居たようと思います。成りすましや匿名での問題は新しいものではなくて、ネットによって一般化しただけだと思います。

私は長い間同じハンドルを使用しています。それで同一性を保証するために、最初に使用したニフティのIDを使いつづけています。発言自体はニフティ時代とちがいIDで発言者を特定できませんので完全な保証ではありませんが、それなりに意味があると思っています。

実は長い間ハンドルを使用して発言していると他の名前(本名であっても)は使いづらくなります。過去の発言とのつながりを読者に意識してもらうには同じハンドルで発言しないと分からないからです。

掲示板での匿名云々などは余りに低レベル過ぎる議論だと思っています。
そんな低レベルな部分でしか問題視出来ない公的機関の有識者会議や、それに於ける警視庁側の発言などは呆れて物も言えません。
掲示板での匿名は、古くはパソコン通信時代から培って来ており、逆に言えば、それが有るから通信は発展した面が大きいし、通信はそれが既に大前提となっているし、この記事で書かれている事は常識です。
こんなくだらない話を論点にするより、今は匿名IP技術を論点にすべき時代です。
今、匿名IP技術は、かつてのプロクシ等の様な可愛気の有る技術では無く、笑えないレベルになっています。
この技術の下では、あらゆる凶悪犯罪が可能となります。
この技術の下では、SPAM業者天国な時代が訪れます。
本来、Winny等のファイル交換ソフトにだけ使われていた匿名技術ですが、その時点では一部の企業を除いて庶民レベルでは誰も痛い思いをしない技術でした。
しかし、この技術がHTTPやSMTPにまで流用され始め、庶民が痛い思いをする時代に突入したと言えます。

国はつまらない事に税金を使わず、つまらない法整備に力を入れず、もっとSPAM撲滅に向けた法整備や、非人道的な残酷犯罪へ使われる恐れの有る技術の運用方法検討などに税金を使うべきです。

世の中、Winnyや2chごときで騒いでいますが、それがなんぼの物だと感じます。
Winny →多くの人は幸せになれる。
2ch →犯罪に使われても検挙は可能
匿名IP技術の乱用→犯罪に使われたら完全犯罪が簡単に可能。多くの人間が宣伝業者による被害を受け、ISPに通報しても意味が無くなる。

有識者と呼ばれる人間はもっと事の本質を知って欲しいです。

コメントを投稿する