オルタナティブ・ブログ > プログラマー社長のブログ >

プログラミングでメシが食えるか!?

Raspberry Pi 4でProDHCP

»

2年前にNanoPiやRaspberry Pi 3でProDHCPを動かしてみる記事を書いていましたが、Raspberry Pi 4で同じようなことを試してみました。

IMG_3202.jpeg

にラズパイ3と似たような感じですが、HDMIポートが小さいの2個になったり、USBがType-Cになったりしていますね。

残念ながら2年前の設定を完全には覚えていないので、全く同じ条件ではありませんが、大体の様子は分かると思いますので。ProDHCPのバージョンもかなり違います。

OSは最新のraspbianですが、64ビットではなく32ビットですね。

Linux raspberrypi 4.19.75-v7l+ #1270 SMP Tue Sep 24 18:51:41 BST 2019 armv7l GNU/Linux

とりあえず、最初から/24のセグメントをたくさん作り、300万IPでdhcpperfを使って測定します。ラズパイはディスクがマイクロSDカードのため、ディスクI/Oが遅いので、ログ出力を変えながら測定します。

・ファイルログ:LOG_INFO / syslog:LOG_NOTICE

Finished and report: 39 transactions per second.

瞬間的にははるかに速いのですが、journaldの負荷が高く、安定的に性能が出ないために低い値になってしまいます。

・ファイルログ:LOG_INFO / syslog:LOG_EMERG

Finished and report: 442 transactions per second.

syslogに出ない状態だと、NanoPi NEO2を超える性能が出ました。

・ファイルログ:LOG_EMERG / syslog:LOG_EMERG

Finished and report: 1002 transactions per second.

秒間1000も払い出せれば回線事業者クラスでも使える場合が多いでしょう。

スクリーンショット 2019-11-29 12.48.21.jpg

syslogに出力する状態だとsystemd-journalの負荷が高くなります。まあ、これはサーバ機でCentOSなどを使う場合も同じですね。

いずれにしても、マイクロSDカードでのディスクI/Oが足を引っ張るものの、CPUやネットワーク性能はかなり高いようです。

iperfでスループットを測定すると・・・

TCP
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[ 4] 0.0-10.0 sec 1.08 GBytes 930 Mbits/sec

UDP
[ ID] Interval Transfer Bandwidth Jitter Lost/Total Datagrams
[ 3] 0.0-10.0 sec 1.25 MBytes 1.05 Mbits/sec 62.527 ms 0/ 892 (0%)

確かにギガビットの性能の性能が出ている感じです!

ラズパイ4になってようやくギガビットの性能がでるようになり、とりあえずやってみたかった実験をしてみましたが、やはり高性能ですね〜。NanoPiは2年前に既にこのくらいの性能でしたが、安定して手に入るラズパイでこの性能はやっぱり嬉しいものです。

EROI6892.jpeg

ログ書き込み先などのディスクをSSDやハードディスクにすれば本当にサーバとして使えるくらいの性能になるかも知れませんね〜

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する