オルタナティブ・ブログ > マーケターの失敗録(T_T) >

失敗を大事にしているブログです。マーケティングは科学って呼ばれているので、検証を繰り返しながら考えたほうが結果的にうまくいったという出来事を書いていきます。大企業でも、スタートアップ企業でも、売る仕組みを作るには、まず動いてみるしかない。

瀬戸 和信

瀬戸 和信

瀬戸和信(KAZUNOBU SETO)テクノロジーマーケティング専門家。

プロフィール

瀬戸和信(KAZUNOBU SETO)1978年、石川県金沢市出身。フィットビット・ジャパン勤務。外資系企業 (デル、日本エイサー、日本オラクル、日本マイクロソフト) で、営業、マーケティング、プロダクトマネジメント、ビジネスデベロップメントの現場においてシニアマネジメント職を歴任。マイクロソフトで「2 in 1(Surface)」、エイサーで「ネットブック」という「新しい概念」を日本に定着させ商品をヒットさせた。現在はフィットビット・ジャパンで「ウェルネス+ウェアラブル」という新しい概念を日本に展開中。「東洋経済オンライン」や「NewsPicks」で連載を執筆。2012年6月から法政大学統計実習特別講師。著書に『クリエイティブ思考の邪魔リスト』(朝日新聞出版社)