オルタナティブ・ブログ > マーケターの失敗録(T_T) >

失敗を大事にしているブログです。マーケティングは科学って呼ばれているので、検証を繰り返しながら考えたほうが結果的にうまくいったという出来事を書いていきます。大企業でも、スタートアップ企業でも、売る仕組みを作るには、まず動いてみるしかない。

ニューヨーク在住の素敵な起業家から学ぶ"Creativity"を高める10のリスト

»

あなたは"Creativity"を発揮するために日頃行っている習慣ってありますか?

すぐに回答できる人はさておき、意識していなかった人には参考になるリストを紹介したいと思います。

前のブログでも紹介した)Pincess of Pinterestと呼ばれ、ニューヨーク在住の素敵な起業家Melanie Duncanのブログから"10 Ways to Become More Creative"のチェックリストです。端的で実行のしやすさが魅力的です。

creative.jpg

いつもと違う場所で仕事をする:その場所はあなたに刺激を与え、新たなアイデアが思いつく。
散歩する:身体を動かすことは心を刺激する
青色をあなたのオフィスに加える:青は落ち着きを出す効果があり、新たなアイデアへ結び付ける
音楽を聴きながら仕事する:音楽は五感とかみ合い、集中力を強化する
いつもと違うレストランを試みる
違う業界の人と交流する
あなたをもっと表現する:歩き方、話し方、書き方、着こなし方、自宅装飾など
もっと旅行する:新たな場所はあなたの新たな考えを出す
休む:休暇は生産性を向上させる
全て網羅しようとしない:焦点を絞ることは創造性に必要な要素。Do less, Better

どうですか?簡単過ぎますか?私は簡単そうだから気に入ってます。日々の習慣にもし易いし。

スタートアップであれば、全てを自分で行う場合が多いので、自分の製品、サービスは"Creative"である必要があります。

マーケターであれば、世の中と社内関係者の合意を得ながら"Creative"なキャンペーンを通して確実に目標を達成させる必要があります。

地域活動であれば、日頃の専門性を活かし、地域の活性化に役立つ"Creative"な視点で活動を行う必要があります。

全ては頭の中の創造にはじまり、そのあとで現実世界に影響します。"Creativity"、大事ですね。



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する