オルタナティブ・ブログ > マーケターの失敗録(T_T) >

失敗を大事にしているブログです。マーケティングは科学って呼ばれているので、検証を繰り返しながら考えたほうが結果的にうまくいったという出来事を書いていきます。大企業でも、スタートアップ企業でも、売る仕組みを作るには、まず動いてみるしかない。

"LinkedIn" 顔写真が一番見られてる。

»

LinkedInで、採用担当者の視線を追跡した情報分析が面白かったので共有しときます。

 

heatmap.jpg

 

LinkedInで、採用担当者が個人のページ内のどこに注目するのか?というのが分かった調査でした。原文はこちらです。 "This Heatmap Proves That Looks Are The Most Important Thing On Your LinkedIn Profile"

結果は、全体時間の19%が個人ページのプロフィールに時間を費やしていることが分かりました。上の写真の "1" と書いてある辺りです。専門分野、学歴、そして顔写真がなにより一番長く見られているようです。

今回の調査では採用担当者の調査となっていますが、ビジネス上の大切なつながりにおいて、人はどこに視線が集まるのか?を理解できる調査です。

はじめてお会いする方と打ち合わせをする前に、LinkedInで興味あるトピック、つながっている人を見て、できるだけ相手を分かっておくのに便利なSNSですが "明日お会いするXXさんは一体どんな顔してんだ?" が一番気にするところみたいです。ワタシの顔写真もチェックしなきゃ...。

いやいや、顔ならFacebookやTwitterでも確認できるじゃん!と思う人もいるかもしれません。そもそも、"Facebook、Twitterを使ってるから別にLinkedInは必要ない" と思っている人も いるかもしれません。 

"Twitter、Facebookが飲み会の場なら、LinkedInは会社の会議室のようなものです"  と言ってるのが 「リンクトイン仕事革命 (樺沢紫苑・島青志 著)」 です。

つまり使用シーンによって使い分けが重要です。タブレットを使ってるから、パソコンは必要ない、と言っているのと同じです。友人に、中学生の娘から "学校用のタブレットと、自宅用のパソコンがほしい" とせがまれて困っているお父さんもいます。

最後に、視線の追跡と関連して面白い調査があったので紹介しておきます。ハンサムな男性と話をしている時に女性がどこを見ているのか?その視線を追跡した動画です。 "こちら"

結果は、男性のたくましい上腕二頭筋 (腕) が最も見られていたようです。視線の追跡って、ほんと面白いですね。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する